ここから本文です

柏原竜二氏“約4分”のプロポーズ 妻・八木菜緒アナが明かす「ソファの上で正座して…」【動画付き】

4/22(月) 20:48配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 箱根駅伝で“二代目・山の神”と呼ばれた柏原竜二氏(29)、BS11アナウンサーの八木菜緒(33)が、22日放送の文化放送『岩本勉のまいどスポーツ』(後6:00)に出演。“出会いのきっかけ”となった同番組で入籍後、初めて共演を果たし、放送終了後には報道陣の取材に応じ、プロポーズ秘話などを明かした。

 八木アナは、2015年4月から18年3月まで同番組のアシスタントを担当し、17年6月5日放送回にゲスト出演した柏原氏と初共演を果たした。その後、昨年10月に交際をスタートし、八木アナの誕生日でもある今月16日にゴールイン。

 この日の放送では、冒頭からパーソナリティーの岩本勉氏、松島茂アナ、長麻未アナの3人は祝福モード全開。2人の馴れ初めについて岩本氏が「どこに惚れた?」と直球質問。八木アナは「すごく優しいし、私の家族やお友達にも優しい。そこに惚れました。くしゃって笑った顔もかわいい」とのろけていた。

 今では「りゅうくん」「なおちゃん」と呼び合うラブラブぶり。プロポーズに話題が及ぶと八木アナは「彼がソファの上で正座して、私に対して考えてることを3、4分くらいの長い言葉で伝えてくれた。最後に『結婚してください』とプロポーズさせていただきました」と照れながら振り返った。

 挙式について柏原氏は「まだ決めてない。これからゆっくり決めていけたらいいな」。子どもの予定を問われると「こればかりは授かりものなので…。彼女もまだまだやりたい仕事があると思うので、そこを調整しながらですかね」としていた。

 八木アナはNHK高知放送、テレビ愛媛、文化放送を経て2018年4月からBS11アナウンサーとして活動。柏原氏は東洋大学陸上部で箱根駅伝に出場し、1年から4年まで5区を圧倒的な記録で走り“二代目・山の神”と称された。2012年4月に大学卒業後は富士通に入社し陸上部に入部、17年4月に現役引退を発表し、現在はアメリカンフットボールチーム「富士通フロンティアーズ」のマネジャーを務める。

最終更新:4/22(月) 20:48
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい