ここから本文です

注目の春ドラマ5選!“堺雅人に次ぐ名俳優”と評されるのは?

4/22(月) 20:11配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。4月22日(月)の生放送は、イラストレーターでコラムニストの吉田潮さんにオススメの春ドラマを聞きました。

【写真を見る】パーソナリティの高橋みなみ

歯に衣着せぬ発言で知られる吉田さんによると、春ドラマの傾向は、「LGBTQ」「医者じゃないシリーズ」「ジャニーズ」の3項目。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クエスチョニングの頭文字をとった「LGBTQ」を扱うドラマが多いことについて、「ようやく多様性を帯び、当事者の日常を描く作品が増えてきた。当事者を聖人化しないところが肝」と話します。
さらには「ドラマ界にあふれる医者、弁護士、警察ものに視聴者が飽き飽きしている。医者じゃない人たちにテーマを絞ったのは評価できる」とも言います。
ジャニーズ事務所所属のタレントが数多く出演している実情には、「あちこちの作品にしれっと出ている。ジャニーズファンにとってはたまらない春!」とコメントしました。

そんな吉田さんのイチ押しドラマ、1つ目は、「ドラマ24 きのう何食べた?」(テレビ東京系 毎週金曜24:12~放送)です。西島秀俊さんと内野聖陽さんが演じるゲイカップルの日常を描く、漫画が原作のドラマ。「原作に忠実だし、内容がすごく良い」と絶賛しました。

2つ目は、「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」(NHK総合 毎週土曜23:30~放送)。ゲイであることをカミングアウトしていない男子高校生(金子大地さん)と、“腐女子”をひた隠す女子高校生(藤野涼子さん)の友情を描く物語です。

3つ目は、多様な働き方を描く「わたし、定時で帰ります。」(TBS系 毎週火曜22:00~放送)。主演の吉高由里子さんは、仕事をきっちりこなして必ず定時に帰るという役柄を演じています。「何が正論という話ではない。人それぞれの働き方や戦い方、休み方があり、とても良いドラマになると思う」と分析。脇を固める俳優陣にも注目だそうです。

4つ目は、古田新太さんがゲイで女装家の高校教師を演じる「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系 毎週土曜22:00~放送)。「ゲイを描くドラマは数多くあっても、美しくない女装の人を主役に置くのは珍しい。きれいごとに描かない信念が感じられる」と吉田さんは高評価。「性別や肩書きに関係なく、その人の本質を見る“ゲイバーのママ”を学園ものに落とし込むところも期待」と関心を寄せました。

そして、5つ目は「インハンド」(TBS系 毎週金曜22:00~放送)。山下智久さんが演じるのは、右手が義手で天才的な頭脳を持つ寄生虫学者。脇を固めるのは、濱田岳さんと菜々緒さんです。「3人がわちゃわちゃしながら事件を見つめていく。マッチングが良く、それぞれが我が道を進んでいる」と解説しました。

そして、今期ドラマで注目している俳優に、「警視庁捜査資料管理室」(BSフジ 毎週月曜23:00~放送)で主演を務める瀧川英次さんの名前を挙げ、「堺雅人に次ぐ第2の名俳優になれるんじゃないか。1人芝居が上手い。映画コメンテーターをするなど多彩です」と絶賛していました。

今からでも間に合う春ドラマ、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2019年4月22日放送より)

最終更新:4/22(月) 20:11
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事