ここから本文です

香川ファイブアローズ 今季最終戦で強豪・島根を逆転で破る

4/22(月) 20:23配信

KSB瀬戸内海放送

 21日に今季最終戦を、ホームで迎えた香川ファイブアローズ。大観衆の中、強豪・島根と戦いました。

(白戸ゆめのリポート)
「香川・島根両チームのブースターが大勢駆けつける中、シーズン最終戦勝利を目指します!」

 今シーズン最も多い、1971人が会場を訪れました。

 試合は序盤から島根ペースで進み、ファイブアローズは12点ビハインドで前半を折り返します。

 それでも、第3クオーター、アローズは藤岡の守備から流れをつかみます。
 そして、藤岡の3Pシュートでついに追いつきます。
 さらに、レジナルド・ウォーレンらの活躍で流れは一気にアローズペースに!
 西地区2位の島根を、逆転で13点差の勝利。最終戦を最高の形で締めくくりました。

(レジナルド・ウォーレン選手)
「最高のプレーをブースターに見せて終わりにしたいという気持ちがあったので、それができてよかった」

 試合後、選手はブースターと一緒に記念撮影を行いました。

(ブースターはー)
「最後の得点がレジーだったので、幸せだった。レジーは私のヒーロー」
「最後たくさん点を取ってうれしかった。またいっぱい見にきたい」

 ファイブアローズは今シーズン、19勝41敗で西地区6位に終わりました。

最終更新:4/22(月) 20:23
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事