ここから本文です

「付録つき雑誌」を上手に買うコツ 筆者の成功例・失敗例もご紹介

4/22(月) 20:04配信

マネーの達人

書店やコンビニで数多くの付録付き雑誌が並んでいます。

最近は多くの雑誌に付録がついているので、買ったことがある人も多いでしょう。

しかし、雑誌の付録には自分のニーズに合わないアイテムが多数あります。

買って「失敗した!」と後悔するものも少なくありません。

今回は筆者の成功談・失敗談をもとに、付録つき雑誌を上手に買うコツをお伝えします。

雑誌の内容で買っている場合はどんな付録でも損はない

付録つき雑誌を買っても後悔が少ないのは、雑誌の内容で購入したケースでしょう。

本当にその雑誌が読みたくて買った場合、付録の内容は重視されません。

しかし、買った雑誌に使える付録がつけば、やはりうれしいものです。

こちらは、筆者が買った雑誌の付録(スケジュール手帳)です。

購入動機となった掲載記事は満足のいく内容でしたが、正直付録は筆者にとって単なるおまけでした。

ところが、あらためて付録の手帳を見たら意外と使えるアイテムであることが判明しました。

雑誌の価格以上に得をしたと感じました。

記事の内容がよい雑誌なら、付録が何であれ購入後の満足度は高いです。

雑誌を買う際は、付録よりも雑誌の内容を重視する方がいいでしょう。

そのような雑誌でいい付録に当たった時の喜びは大きいですし、仮にいらない付録でもそれほど不満は生じません。

ただ、いらない付録は結局ゴミになってしまうので、使い道が全くない付録が雑誌についている場合、よく考えてから買うことをおすすめします。

付録目当てで買う場合は付録の内容をよく検討して買う

雑誌を付録目当てで買う場合は、事前に付録の内容を検討して買いましょう。

その方が、満足度が高くなり、後悔も少ないです。

その一例として、女性の筆者が検討してから買い、おおむね満足した付録についてご紹介します。

市販の同じ品をチェックしてから買った付録は満足度が高い

筆者が買って満足度が高かったのは、美容雑誌の付録です。

特に、パドルブラシは筆者の予想を超えたクオリティで大満足です。

化粧品やヘアケア製品のサンプル(7種類)もついており、非常にお得感が高いと思いました。

こちらの付録を買うにあたっては、事前に市販のパドルブラシをチェックしました。

その上で、コスパ、品質面で納得した上でこちらを買いました。

それも、購入後の満足度が非常に高いものとなった理由でしょう。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 20:04
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事