ここから本文です

構想外のベイル、レアルはハメス同様にレンタル移籍を計画

4/22(月) 19:06配信

SPORT.es

レアル・マドリーはウェールズ人FWガレス・ベイルのレンタル移籍を計画している。興味深いオファーが届いておらず、レアル・マドリーに加入してからウェールズ人が低いパフォーマンスを披露していることは、現在レアル・マドリーに来シーズンに向けたレンタル移籍を検討させている。ベイルは来シーズンに向けたジネディーヌ・ジダンの構想に入っていない際立った選手の一人である。

レアルは我慢の限界!ベイルを88億円に値下げし売却へ

22日(月)の『Marca』紙の情報によると、不安定で怪我の多い6シーズンを過ごした後、クリスティアーノ・ロナウドの役目を果たすこともできておらず、レアル・マドリーはガレス・ベイルを移籍市場に出すようである。

当初はオファーを待っていたが、興味深いオファーが無ければ、マドリーのクラブはレンタル移籍を検討するようである。はっきりとしていることは、ガレス・ベイルが来シーズン、レアル・マドリーでプレーを続けることはないとういことである。

ジダンは既に、来シーズンに向けたメンバーの“一掃“を考えていることを発表しており、その内の一人がガレス・ベイルだと考えられている。ウェールズ人はジダンの構想には入っておらず、売却が検討されている。

いずれにしても彼のサラリーでは、良い状態で売却することは事実上不可能である。この理由からレアル・マドリーは、ベルナベウ(R・マドリーの本拠地)で再びブーイングを浴びたウェールズ人を、バイエルン・ミュンヘンに移籍したハメス・ロドリゲスに似た形でレンタルに出すことを検討している。

SPORT.es

最終更新:4/22(月) 19:06
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事