ここから本文です

吉田麻也、残留争い突入を認める…勝ち点5差に「まだ何も保証されていない」

4/22(月) 17:12配信

GOAL

サウサンプトンのDF吉田麻也は、残留争いでシーズン佳境を迎えていることを認めた。英紙『テレグラフ』が伝えている。

サウサンプトンは20日、プレミアリーグ第35節でニューカッスルと対戦。1-3と敗れ、16位と順位を落としている。降格圏の18位カーディフとは勝ち点5差となり、残すは4試合。フル出場した吉田は「5ポイント差は安全ではないということ」と語り、このように続けている。

「まだ何も保証はされていません。僕らがもっと強い欲求をニューカッスル相手に見せ、ハードワークできていれば、もっと順位表でも上に行けたでしょう。ニューカッスルがやったように僕らもできると信じています」

また、この試合ではニューカッスルのFWアジョセ・ペレスがイングランドでは初のハットトリックを達成。「よくやれたと思う。でも僕はまだ100%ではないよ」と意欲を見せた。なお、ニューカッスルは勝ち点を41まで積み上げたため、今季の残留を決めている。

最終更新:4/22(月) 17:12
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事