ここから本文です

米国に叩かれても元気だった中国の半導体産業~セミコン・チャイナ2019現地レポート~

4/22(月) 20:20配信

LIMO

本記事の3つのポイント

 ・ 19年3月20~22日のあいだ、半導体製造装置・材料に関する国際展示会「SEMICON China 2019」が開催された。米中の対立関係が強まるなか、中国半導体産業の今後に不安の声が集まるが、展示会そのものは過去最高の出展企業数、来場者数を記録した
 ・ 注目される中国新興メモリーメーカーでは、武漢に工場を構えるYMTCが量産化でリード。今年から本格的な商業生産をスタートさせる
 ・ 装置・材料メーカーも徐々に力をつけ始めている。大手半導体メーカーの量産工程に装置を導入するなど、目に見えるかたちで実績が出始めている

 私がセミコン・チャイナを見学するのは、これで17回目となった。ご存知のように、中国は2018年から米国との貿易戦争が始まり、ハイテク分野でも両国の覇権争いが激化している。米国は中国の半導体産業の台頭を封じ込めようと、新興メモリー企業のJHICC(晋華集成電路、福建省泉州市)への米国製製造装置の輸出を禁じた。「米国が中国半導体を本気で叩くようになり、中国の半導体産業は成長の芽を摘まれてしまった」と多くの半導体アナリストは語る。

 しかし、今年のセミコン・チャイナを見た人ならば、この見解に大きな違和感を覚えたことだろう。「叩かれた者は必死で抵抗する」のが世の常であり、今年のセミコン・チャイナは過去最高の出展企業数、見学者を記録した。「中国は先端半導体の国産化を絶対に諦めない」――そんな強い決意を感じさせる熱気に包まれた3日間だった。

出展企業は1200社、来場者は10万人

 今年のセミコン・チャイナの出展企業数は約1200社(18年は1116社)、来場者は10万人を超え、過去最大規模となった(18年の来場者数は9万1252人)。展示規模は18年の3.26万㎡(約3626ブース)から、今年は4万㎡超(約4000ブース)へと約20%拡大した。17年までは5棟、18年は6棟の運営規模だったが、19年は巨大なテント棟を増やした。1棟は展示会場として、もう1棟は来年の会場申し込み場所として使用した。

 電子デバイス産業新聞を発行する当社(産業タイムズ社)もブース出展し、中国の半導体工場マップを配布していたが、来客が多くて例年以上のペースでなくなってしまった。配布したのは、(1)300mm半導体工場マップ、(2)200mm半導体工場マップ、(3)半導体組立・検査工場マップ、(4)液晶パネル工場マップ、(5)300mmウエハー工場マップ、(6)200mmウエハー工場マップの6種類。在庫の残りが少ないですが、希望者には在庫がある限り提供しますので、東京本社か上海支局までお越しください。

1/4ページ

最終更新:4/22(月) 22:50
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事