ここから本文です

東北へいってらっしゃい 新幹線金沢-仙台を直通運転

4/22(月) 10:19配信

北日本新聞

 JR西日本と東日本は22日、金沢から仙台へ向かう直通新幹線を運行した。富山駅では約90人が乗車し、駅員が出発する乗客を見送った。

 北陸新幹線の開業に伴い、北陸と東北の交流を促進するのが目的で、2016年から春や秋の観光シーズンに運行し、北陸発では4回目。金沢-仙台駅間を約4時間で結ぶ。北陸新幹線「かがやき」と東北新幹線「はやぶさ」を乗り継ぐより乗車時間は40分ほど長いものの、乗り換える必要がないため利便性は高い。

 今回は旅行会社5社のツアーに申し込んだ約500人が利用。県内からは新高岡駅と富山駅、黒部宇奈月温泉駅で計約200人が乗車した。

 富山駅には午前8時半ごろに到着。駅員が「いってらっしゃいませ」と書かれた横断幕を掲げて見送った。

 復路は24日に仙台駅を出発する。

北日本新聞社

最終更新:4/22(月) 10:19
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事