ここから本文です

「スタジアムで現金は使えません」楽天生命パークはボールパークの理想形となるか

4/22(月) 10:10配信

Full-Count

利用者からは好評。ポイントは「日常からキャッシュレスに慣れているか」

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、楽天生命パーク宮城で今季から始めた「キャッシュレススタジアム」。昨年まで、現金での支払いが7割だったスタジアムでの購買が、全面現金使用不可、楽天Edy、または楽天ペイ、クレジットカード・デビットカードに限り使用ができるようになったというのは、過去の2回の記事でお伝えしてきた。

【写真集】広瀬すず似の美女も…福岡ドームを彩る球場の華、総勢33人の売り子美女ギャラリー

 4月2日、雪が降る中での本拠地開幕戦となった楽天イーグルス対北海道日本ハム戦は、まさにこの「キャッシュレススタジアム」の幕開けでもあった。満員御礼となったこの日は、浅村栄斗選手の移籍後初ホームランを含む、3対1で楽天イーグルスの勝利にスタジアムは大いに沸いた。

 さて、試合開始4時間前の12時。そんな試合展開になるとまだ知らないお客さんにとっては、初めての「キャッシュレススタジアム」体験である。賑わいを見せてきた場内では“キャッシュレス”ד現金”と描かれたポスター、看板を体の前後で挟んだ「サンドウィッチマン」が目立ち、常時アナウンスもされ、現金が使えないという周知は万全といった具合だ。さらに、楽天Edyのチャージ機を場内のいたるところに約100台設置し、「サンドウィッチマン」や球場スタッフは、残高確認リーダーを手にし、残高切れを未然に防ぐために声を張っていた。

 また、「楽天キャッシュレスデスク」は、電子マネーに関する利用者の質問や問い合わせに答える窓口として機能。あらゆる状況を想定していることがうかがえる。

飲食店の店員は念入りに準備を進めてきたことをアピール

「スタッフ全員が研修を行いこの日に備えてきました。お客様をレジでお待たせることがないのが良い点だと思います」

 締めの作業で現金を扱わないことも利点なのだという。ビールの売り子も細かい小銭を扱わなくて済み、利用者側としてもビールを飲むたびに小銭が増えていく……ということがなくなるのは嬉しい。

 利用者の反応は概ね好評だった。年に15回以上は楽天生命パーク宮城での観戦を楽しんでいるという夫婦は、アプリ決済の楽天ペイに初挑戦。

「これまでは現金で払っていましたが、キャッシュレスに切り替わったことで特段不便とは思いません。むしろ、ついに! と思いました。これからは球場もキャッシュレスが普通になるんだろうなと思いました。(他の球場でも取り入れる流れは来る?)それは間違いなく来ると思います」

 この日ファンクラブ「TEAM EAGLES」に入会した親子も、入会金の支払いに楽天ペイを利用。

「母と祖父母と来たのですが、祖父母は少し戸惑っていたようでした。でも、慣れれば大丈夫そうです」と20代女性が話すと、「携帯をかざすだけ。現金を持たなくてもいいのはいいですね。何よりも決済が早くて待たないのがいいです」とお母様も気に入った様子だった。

 お子さんと友人と来場していた20代の女性は、楽天Edyを利用。飲食とICカード入れを購入していた。「これを機にと思って、岸孝之投手の光るICパスケースを買いました。買うまでの流れがスムーズでしたね」。チームショップの担当者に、キャッシュレスに伴う関連商品の売れ行きについてうかがうと、開幕戦から発売のもの含め、カードホルダーなどのアクセサリーはよく売れていて、一部の選手の商品は売り切れになるほど好評だったという。

 中学生の姪と観戦に来ていた60代の男性。二人ともカードホルダーを首から下げており、「TEAM EAGLES」の会員証と楽天Edyカードをセットで持ち歩く姿は、多くの楽天イーグルスファンに見られた。

 ビジター側である北海道日本ハムファンはどう感じていたのだろうか。札幌市から応援に駆けつけた40代の日本ハムファンの男性は、「Edyはずっとコンビニなどでも使っていたから抵抗はありませんでしたね。(現金が全面的に使用不可と聞いて)特に困ったことはありませんでした」と話した。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 12:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事