ここから本文です

「応援せずにはいられない」オリ榊原の初勝利 育成時代を知る球団レポーターの思い

4/22(月) 10:45配信

Full-Count

プロ初勝利を挙げた榊原投手、帽子の裏には「そ・わ・か」の3文字

 開幕からもうすぐ1か月!厳しい試合も沢山ありますが、それと同時に野球で一喜一憂できる幸せを日々噛み締めています。今年のバファローズは若い選手の活躍も目を引きますね。苦しいゲームもありますが、このまま経験を積んでいったらシーズン後半にはどんなチームになっているんだろう?と期待が膨らみ毎試合ワクワクしながら見つめています! そんな若手選手の中から先日プロ初勝利を挙げた選手が居ます。いつもはTV画面を通じて選手たちの情報を伝えていますが、今回はこの場をお借りして私の取材してきたものを皆様にお伝えできればと思っています。

【写真】「4人組ヤバイです」「みんなモデル」 オリ若手4人衆の“私服”ショットにファン大喜び

 誰よりも必死さが伝わる表情。マウンドを降りるときに一目で力を出し切ったと分かる姿。降板後も声をあげてベンチから一緒に戦う姿。どんな時も感謝を忘れないその心……。その姿を見ると心に迫るものがあります。
オリックス・バファローズの榊原翼投手です。応援せずにいられない。そんな気持ちになるのはきっと私だけではないはず。

 初めて榊原投手にお話を聞かせていただいたのは、2017年。私がスタジアム・アシスタントMCをしていた頃でした。育成ドラフト2位で入団した榊原投手。第1印象は「明るくて無邪気!チームメイトにみんなに愛されている選手」でした。

 その姿を見つけると「バラ~!」と、先輩・同期問わずいろんな選手からいじられ、榊原投手の周りにはいつも笑顔があります。みんなから好かれている人柄だというイメージは今も変わりありません。

 そんな榊原投手が大事にしている言葉がある。帽子のつばの内側にマジックで記された「そ・わ・か」の3文字。

「そ」そうじ
「わ」笑い
「か」感謝

 の頭文字をとったもの。「大事にすると神様が味方してくれることらしいです! 近藤さんが教えてくれました!」と話してくれました。悩み、苦しんだときも、その言葉を守りながら努力を積み重ね1軍のマウンドを目指してきました。

 そして3度目の先発マウンドでその時はやってきました。2019年4月17日、京セラドームで行われた日本ハム戦。6回1失点の力投でウイニングボールを手に西村監督とまばゆいフラッシュを浴びた榊原投手。「本当に幸せです」。試合後から翌日の午前中までで、約200件もの祝福メールを受け取ったといい、白い歯がこぼれた。球団史上初の育成出身の初勝利という偉業を成し遂げた若き右腕のその原点を辿ります。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 10:56
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事