ここから本文です

湯の街4978人駆ける 加賀温泉郷マラソン

4/22(月) 2:54配信

北國新聞社

 加賀温泉郷マラソン2019(北國新聞社、北陸放送特別協力)は21日、加賀市陸上競技場発着コースで行われ、フルマラソン、10キロ、5キロの各部門に4978人が出走した。フルマラソンは男子が江澤拓真さん(29)=群馬県=、女子は薄井身之(みゆき)さん(44)=大阪府=が初の総合優勝を果たした。県勢ではフル男子で田中寛之さん(24)=小松市、石川陸協=が総合2位に入った。

 午前9時、一斉にスタートを切ったランナーは山代、片山津、山中の3温泉を巡る、起伏の激しいコースを駆け抜けた。

 2位の田中さんとの接戦を制した江澤さんは「残り1キロでスパートした。逃げ切ることができて良かった」と振り返った。薄井さんは「大満足の走り。沿道の声援が大きく楽しかった」と喜びの表情を見せた。2人には、今回初めて用意された山中漆器の優勝カップが贈られた。

 開会式では組織委員会長の宮元陸市長があいさつ、元マラソン選手でスポーツジャーナリスト増田明美さん、ゲストランナーの野尻あずささん(富山市出身)、県住みます芸人のぶんぶんボウルがランナーを激励した。マラソンの交流協定を結ぶ台湾・高雄市や友好協定を結ぶ桃園市からも参加した。

 今回からフルマラソンは日本陸連の公認コースとなり、大会記録が公式タイムとして認められる。

 金沢ケーブルは自主放送チャンネル「北國新聞ニュース・プラス」で5月11日午前11時から「加賀温泉郷マラソン2019」を放送する。同日午後9時、12日午前11時、午後9時に再放送する。

北國新聞社

最終更新:4/22(月) 2:54
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事