ここから本文です

ジダン監督、ハットトリックのベンゼマを絶賛「世界一の9番だ」

4/22(月) 12:14配信

SOCCER KING

 レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、フランス人FWカリム・ベンゼマを絶賛した。21日、大手メディア『ESPN』が伝えている。

 リーガ・エスパニョーラ第33節が21日に行われ、レアル・マドリードはアスレティック・ビルバオと対戦した。スコアレスで迎えた47分にマルコ・アセンシオのクロスにベンゼマが頭で叩き込み先制すると、76分にもCKからベンゼマがヘディングシュートを突き刺し追加点。さらに、試合終了間際には飛び出した相手GKのクリアミスから最後はベンゼマが無人のゴールに蹴り込んでハットトリックを達成し、3-0で快勝した。

 ハットトリックを達成したベンゼマについてジダン監督は試合後、「私にとってカリムが世界一の9番だ。他にもいい選手がたくさんいて他の人は違う選手を選ぶかもしれないけど、この10年で彼がやってきたことを見たらその理由がわかると思うよ」と絶賛し、次のように続けた。

「彼のゴールは素晴らしかったし、私は嬉しく思っている。彼は自分自身に自信を持っている。常に向上心を持っているし、改善しようとしている」と賛辞を送りつつ、「チームが彼を助けることができている。マルコのクロスも良かったし、(ヘスス)パジェホのボール奪取から先制点が生まれた」とチームのパフォーマンスが良かったことを強調した。

 レアル・マドリードは次節、25日にアウェイで日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:4/22(月) 13:47
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事