ここから本文です

リフト株急落で投資家が早くも提訴-新規公開企業の通過儀礼に

4/22(月) 8:31配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 2017年に新規株式公開(IPO)したスナップは、上場後のご祝儀相場から一転して投資家に訴えられるまでに10週間弱だったが、ブルー・エプロン・ホールディングスはわずか7週間だった。3月28日に株式公開したリフトの株価は上場後急落。欺かれたと主張する幻滅した株主から提訴されるまでに3週間もかからなかった。

コーナーストーン・リサーチによれば、このような訴訟は新規公開企業にとって通過儀礼で、2008年の金融危機以降はさらに一般化しつつある。大部分の訴訟は判事に退けられるか示談になるが、裁判になるのは極めてまれだ。

一般的な主張は、会社幹部と引受業者が見通しを過大に宣伝したため、実態が露呈して株価が大幅下落し、投資家が損失を被ることになったというものだ。リフトは4月16日、目論見書で米国での市場シェアを39%だとしたのは誇張だと指摘した2件の似通った訴訟を起こされた。

リフトは株式公開以降に19%下落し、18日は58.36ドルで終了。IPO価格は72ドルだった。急落の背景には、同業大手のウーバー・テクノロジーズが4月11日にIPOを申請したことがある。同社は配車サービスやギグエコノミー関連で投資家に新たな投資先となる。

原題:Lyft’s Fast-Slumping Stock Quickly Leads to Investor Lawsuits(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Peter Blumberg, Robert Burnson

最終更新:4/22(月) 8:31
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事