ここから本文です

キャロウェイ最新1Wで3季ぶり勝利 B.ジョーンズの優勝ギア

4/23(火) 9:02配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

大会名:東建ホームメイトカップ
日時:2019年4月18日(木)~21日(日)
開催コース:東建多度カントリークラブ・名古屋 (三重)
優勝者:ブレンダン・ジョーンズ

【画像】史上初! アマ2人が「全米女子オープン」出場権をゲット

3季ぶりのタイトルに向けて首位に2打差でスタートしたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が1イーグル、5バーディの「64」でまわり、通算15アンダーで逆転優勝を飾った。

今季の国内開幕戦では、契約するキャロウェイゴルフの最新1W『エピック フラッシュ サブゼロ ドライバー』のプロトタイプを投入。前半4番(パー5/545yd)では、1Wでフェアウェイセンター残り227yd地点まで運ぶと、4Iでピンまで4mに付けるイーグルで流れに乗った。

3月に44歳となったジョーンズは、4日間の平均飛距離で289.14ydを記録(全体22位)。大会初優勝を飾った2012年の280.5ydを超える数字をマークしたほか、最終日のフェアウェイキープ率は全体2位の85.71%と安定感も光った。

トータルで7つ伸ばした最終日を「全体的にショットがよくて、スマートにプレーができた」とした一方で、「(後続組の)マシュー・グリフィンが追ってきたのが分かった。15番から17番でもう1つバーディを獲れればもう少し楽に出来た」と総括した。

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:エピック フラッシュ サブゼロ ドライバー プロトタイプ(10.5度)
シャフト:ツアーAD TP-7 (硬さTX)
フェアウェイウッド:キャロウェイ エピック フラッシュ フェアウェイウッド (3番15度)
ユーティリティ:X フォージド UT アイアン (18度)
アイアン:GBB エピック プロ アイアン (4番~PW)
ウェッジ:マックダディ 3 ウェッジ (50度、56度、60度)
パター:オデッセイ ミルドコレクション クエスチョンダラー ♯2
ボール:クロムソフト ボール

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事