ここから本文です

KARTEに「レコメンド機能」が追加 散在するデータを「人軸」で統合・精度の高いパーソナライズを実現

4/23(火) 16:50配信

MarkeZine

KARTEに「レコメンド機能」が追加 散在するデータを「人軸」で統合・精度の高いパーソナライズを実現

画像

 プレイドは、同社が提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE(カルテ)」の新機能として、「レコメンド機能」の提供を開始した。

 レコメンド機能は、ユーザー毎の属性・行動といった顧客データに加えて、その人の状況やオフラインデータなどを相互に関連付けることで、精度高くパーソナライズされたレコメンドができるというもの。具体的には、ウェブサイト、アプリ、オフラインにおけるテ?ータを「一人のユーサ?ー」に統合してレコメント?を提供する。KARTEによって収集・解析したデータだけでなく、社内の基幹システムや様々な外部サービス・プロダクトに存在する顧客データもKARTEに統合することで、精度の高いパーソナライズを実現する。

 また、閲覧や購入以外の複数イヘ?ントをレコメント?ロシ?ックに加味することもできる。たとえば「その商品のページに90秒以上滞在している」という行動をその商品への熱量と解釈し、重み付けをすることが可能だ。ウェフ?サイトのみならす?、様々なコミュニケーションチャネルで、リアルタイムに商品レコメンドを提供することができる。

 レコメンド機能では商品データを連携して活用することになるので、レコメンドに加えて、一定期間内に売れた商品などの「ランキング」や、カート投入後・お気に入り登録後に離脱してしまったユーザーへの「リマインド」なども行うことができる。また新商品発売時やセール時に、ユーザー毎にパーソナライズした商品提案を行う「特定商品の訴求」といった施策も実施可能だ。

最終更新:4/23(火) 17:30
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事