ここから本文です

AIで広告予算配分・分析を最適化する「D-Reg」がリリース 季節要因や広告の残存効果なども分析

4/23(火) 17:30配信

MarkeZine

AIで広告予算配分・分析を最適化する「D-Reg」がリリース 季節要因や広告の残存効果なども分析

画像

 企業のデータ活用を支援するDATUM STUDIO(データムスタジオ)は、広告予算配分・分析の最適化ツール「D-Reg(デーリグ)」をリリースした。

【写真・画像】AIで広告予算配分・分析を最適化する「D-Reg」がリリース 季節要因や広告の残存効果なども分析

 D-Regは、今まで広告担当者が経験則で行っていた、広告における予算配分決定をサポートするツールだ。テレビCMや、Web広告、ラジオ、新聞、雑誌、チラシ、店頭施策、イベントなど、あらゆる媒体の効果測定が可能なため、人では気づけなかった潜在的なニーズに対しても効果が発揮できる。また媒体だけでなく、季節要因や値引き、広告の残存効果、カレンダー効果などもデータとして分析するなど、あらゆるマーケティング活動をシミュレーションできる。

 具体的には、まずマーケティング担当者がマス・デジタルなどの予算を各広告媒体に配分すると、どれだけの売上(CV)につながるかをシミュレーションできる。

 また最初に目標売上(CV)を設定すると、目標達成するための最適な広告予算配分を予測することも可能だ。

最終更新:4/23(火) 17:30
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事