ここから本文です

Perfume、ワールドツアーが大盛況で幕!「夢のような忘れられない夜です」(かしゆか)

4/23(火) 11:11配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■真にユニバーサルな魅力を放つポップアイコンへ進化したPerfume
2月23日の上海から始まった『Perfume WORLD TOUR 4th 「FUTURE POP」』が、4月19日(ロサンジェルス現地時間)、ダウンタウンにあるACE THEATERでファイナルを迎えた。

【画像】ただもうハッピーが止まらないステージ

Perfumeが本格的に海外ツアーに取り組み出したのは2012年。初回はアジアのみだったが、その後2年ごとに開催地を増やし、2016年以来2年半ぶりとなる今回は、アジア、北米9都市を巡った。

Perfumeの世界進出は、デビュー以来のパートナーであるサウンドプロデューサー・中田ヤスタカとメンバー3人、彼女たちの画期的なダンスを創る振付、演出のMIKIKO、それを最先端技術とアイデアとで支える真鍋大度(ライゾマティクス)など、チームが一丸となって長年追いかけてきた夢。メンバー全員が30歳を迎えての今回、その夢はまたあらたな物語となった。

特筆すべきは、Perfumeの海外ツアーが、アルバムを携えての日本ツアーの延長戦上にあるという点。昨年リリースの『Future Pop』が、iTunesエレクトロ部門において世界20ヵ国で1位となる今、海外ファンは、そこをこそ楽しみにしている。日本との会場の違いを考慮した微妙な調整はあるが、けっして特別な海外仕様ではない。同じメッセージを全世界に届けるというその臨み方が、ワールドツアーと謳うにふさわしい所以なのだ。

重厚なゴシック調のACE THEATERは、1927年に建てられた歴史的劇場。その約2,000席が、ボーダレスが当たり前のファンで埋め尽くされていく。なんとオープニングアクトは、Perfumeファンを豪語し、本人たちとも親交の深いOK Goのティム・ノードウィンドのユニットX-X.T。Perfume愛溢れるそのステージにも煽られて、待ちきれない観客から熱い拍手が湧き起こった。

暗転と同時にPerfumeの歴史を辿る近未来的なザッピング映像。観客は歓声を上げてその年月とシンクロする。始まったのは、アルバムの冒頭と同じ「Start-Up」、そして「Future Pop」。光の世界からの救世主のごとき3人に、誰もが憧れの目でしばし釘づけとなる。「キャー!」「ウォー!」と悲鳴が響いたのは「エレクトロ・ワールド」。この曲のYouTubeからファン歴を重ねてきた人も多い。これで一気に観客を虜にした3人は、笑顔で次々とテクノロジーとの融合表現を繰り出した。

動くシアースクリーンとのフォーメーションで不思議な影絵モンスターを登場させた「FUSION」、スタンドに設置したスマートフォンに向かい、リアルタイムで顔のアップを映し出した「Tiny Baby」。などなど、頭からノンストップで披露。ダンスが完璧だからこそ成立するクールなショーなのだが、そんな解説が無粋なほど、ただもうハッピーが止まらなくなった。ステージは送り手と聴き手が何かをシェアする場。表現のための表現には陥らない。そんなイズムが息づいている気がした。

そのイズムは英語のMCにも。会話の上達はこの1ヵ月北米各地をまわってきた賜物だが、素敵なのはそれが「台詞」ではなく、心で話す言葉であるところ。「Yeah!」と観客に叫ばせるための会場の「グループ分け」も、日本でやるときのまんまだ。この日は「ロスでリフレッシュした」というあ~ちゃんのエピソードにちなみ、客席左が「リ」で右が「フレッシュ」。「リ」→「Yeah!」、「フレッシュ」→「Yeah!」というコール&レスポンスに沸く様子を海外で見るのはシュールだが、Perfumeではこれがデフォルト。クスッとするネタさえこうしてほのぼのとシェアできるのは、彼女たちのコミュニケーション力が、「術」ではなく「心」だからだろう。

「TOKYO GIRL」からの後半は、前半のアプローチと対照的に、本物の光を集めて3人の生身のダンスの美しさを際立たせる場面が続いた。海外人気抜群の「Pick Me Up」では「Yes!」と歓喜の声が飛び交う。カンフーを取り入れたカッコいいPerfumeの代名詞「FLASH」では、一瞬たりとも緊張感を途切れさせない魂の舞いに、みんな息を飲んで見入った。

「夢のような忘れられない夜です」とかしゆか。「また戻ってこれるように頑張ります」とのっち。あ~ちゃんは全身全霊で「Perfume loves you! We believe our future is bright」と言い、最後は「無限未来」。その歌声と今日ステージで展開されていた光のドラマが頭の中で突然リンクし、ああ、Perfumeはこの美しい未来へのメッセージを世界に届けに来たんだなと、とてつもない感動に打たれた。彼女たちの今の姿は、YouTubeで伝播したあのキュートなアンドロイドからの変容ではない。そもそも彼女たちにあたたかい人間くささがあったからこそ、それが声から、表情から、ダンスから光の速度で伝わり、真にユニバーサルな魅力を放つポップアイコンとなったのだ。まさにそれを物語る素晴らしいツアーファイナルだった。

ちなみにこの2日後の21日、Perfumeは2週に渡る週末の3日間、同じアーティスト、同じタイムテーブルで繰り広げられる世界最大級の野外フェス、コーチェラに出演。第1週目の4月14日に初出演した直後に配信されたアメリカ音楽誌『Rolling Stone』の「Coachella 2019:The 16 Best Things We Saw」と題した記事では、全コーチェラ出演アーティストの中からパフォーマンスベスト16に選出されるなど、大きな注目を浴びた。

TEXT BY 藤井美保
PHOTO BY Abbey Raymonde

<セットリスト>
M1 Start-Up
M2 Future Pop
M3 エレクトロ・ワールド
M4 If you wanna
M5 FUSION
M6 Tiny Baby
M7 Let Me Know
M8 Butterfly
M9 シークレットシークレット
M10 TOKYO GIRL
M11 Pick Me Up
M12 FAKE IT
M13 FLASH
M14 チョコレイト・ディスコ
アンコール
M15 Magic of Love
M16 無限未来

リリース情報
2019.04.03 ON SALE
Blue-ray&DVD『Perfume 7th Tour 2018「FUTURE POP」』

Perfume OFFICIAL WEBSITE
http://www.perfume-web.jp/

最終更新:4/23(火) 11:11
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事