ここから本文です

ノートルダム寺院の復興支援を 熊本県庁などに募金箱

4/23(火) 20:52配信

熊本日日新聞

 熊本県国際協会(会長・蒲島郁夫知事)は23日、火災で大きな被害が出たフランスのノートルダム寺院(大聖堂)の再建を支援する募金箱を県庁や各地域振興局、熊本市の各区役所など19カ所に設置した。7月23日まで募金を受け付ける。

 県庁でくまモンと一緒に寄付を呼び掛けた蒲島知事は「熊本地震では、フランスからも多くの義援金が寄せられた。今度は、寺院の復興を県民に支えてほしい」と述べた。

 銀行振り込みの方法は、同協会ホームページで紹介している。インターネットの「ヤフー募金」でも受け付ける予定。

 くまモンスクエア(熊本市)と銀座熊本館(東京)も5月中旬から、ノートルダム寺院でくまモンを撮影した写真入りクリアファイルなどチャリティー商品を販売する。(野方信助)

最終更新:4/24(水) 10:20
熊本日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事