ここから本文です

<ラジエーションハウス>乳がんテーマに女性視聴者らが共感「泣けた」「考えさせられた」

4/23(火) 20:20配信

まんたんウェブ

 俳優の窪田正孝さんが主演する“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第3話が22日に放送された。乳がんがテーマの同話に、SNSでは「めちゃくちゃ泣けた」「とても勉強になった」「考えさせられた」という声のほか、女性視聴者からは「検査の予約を入れた」「同じ女性としてつらすぎる」「全摘を経験しているから涙が止まらなかった」などのコメントが上がった。

【写真特集】山口紗弥加が乳がんに? 窪田正孝が“本気モード”がコレだ!

 第3話は、女性誌編集者の今日子(内山理名さん)が、病院で「マンモグラフィ検査」を受ける。今日子は、日本人に多いデンスブレスト(乳腺密度が濃い)だった。読影した放射線科医の甘春杏(本田翼さん)は、放射線科長の鏑木安富(浅野和之さん)に相談したものの、病変が見つからないことから「異常なし」との診断結果を下す。しかし、診療放射線技師の五十嵐唯織(窪田さん)は今日子の「マンモ画像」を見て、「なるべく早く超音波検査を受けてほしい」と伝える……という展開だった。

 ドラマは、マンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の横幕智裕さん作、モリタイシさん画の「ラジエーションハウス」が原作。

最終更新:4/23(火) 20:20
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事