ここから本文です

柴咲コウ、子役・松本笑花に感動 角田光代原作ドラマで母娘役

4/23(火) 21:31配信

シネマトゥデイ

 女優の柴咲コウが23日、都内で行われたWOWOW放送の主演ドラマ「連続ドラマW 坂の途中の家」(4月27日スタート、毎週土曜夜10時~)完成披露舞台あいさつに登壇。サプライズゲストとして駆け付けた6歳の子役・松本笑花(まつもと・えみか)との撮影や、自身が作詞を手掛けた主題歌への思いなどを振り返った。

【写真】完成披露の様子

 直木賞作家・角田光代の小説「坂の途中の家」に基づく本ドラマは。自らも幼い子どもを持つ母親である主人公・山咲里沙子(柴咲)が乳児虐待死事件の補充裁判員に選ばれ、幼い子供を持つ母親として被告に自身を重ねていく心理サスペンス。壇上には柴咲のほか、共演者の田辺誠一、伊藤歩、眞島秀和、水野美紀も登壇した。

 WOWOWドラマ初出演となる柴咲は、オファーを受けた当初を振り返り「連続ドラマWは、周りの友人や俳優の友達の評判がすごくよくて、重いテーマでも真摯に深堀して表現していると聞いていたんです。そこに参加できるのは嬉しかったです」とコメント。出演を決めてからも「無我夢中で脚本を読みました」「テーマ性の優れた作品。そんな作品に出演できてよかった」と充実の表情。

 娘役の松本が登場すると柴咲は満面の笑み。松本が「久しぶりに会えて嬉しい」と発言すると、柴咲くも「わたしも会えてうれしい。ちょっと背も伸びて髪も長くなったね」とにっこり。松本の演技は驚くほど素晴らしかったといい、「子役というのも不思議なくらい自然な演技で、そのおかげでわたしも自然なお芝居ができました。勉強させてもらいました。ありがとうございます」と感謝しきり。

 田辺も「泣くときは全身で泣くし、止められない勢いで演技をする。ものすごくリアルでした」と柴咲に同調すると、松本はニコニコ。「お仕事は大変だったけど楽しかったです」と感想を述べて会場を和ませた。

 また、柴咲は自ら作詞を手掛け、歌唱する主題歌「silence」にも言及。「昨年の撮影を終えてから間もなく、年明けすぐに作詞に取り掛かりました。楽曲はこれでいこうというのがすでにあったんですけど、ちょうど里沙子を演じたばかりだったので再度物語に没入して書くことができました」と振り返る。「わたしも経験があるんですけど、失意の底にいる時というのは、大波が流れるような中も、凪の中、一人だけ孤立しているような感覚があると思うんです。自ら穴の底に行ってしまったような孤独感、そういう感情を思い出しながら書きました」と詞に込めた思いを明らかにした。(取材・文:名鹿祥史)

「連続ドラマW 坂の途中の家」はWOWOWプライムにて4月27日より毎週土曜10時~放送(全6話・第1話無料放送)

最終更新:4/23(火) 21:40
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事