ここから本文です

キズナ産駒がセール史上最高価格! 中山競馬場でJRAブリーズアップセール

4/23(火) 19:45配信

netkeiba.com

 23日、中山競馬場で「2019 JRAブリーズアップセール」が開催され、その市場取引成績が発表された。2歳馬69頭(牡32頭、牝37頭)が上場され、そのすべてが落札。9億1260万0000円を売り上げた。1頭あたりの平均価格は1322万6086円だった。

 今年の最高価格となったのは、セール史上最高落札額となった「ニシノミラクルの17」(牡、父キズナ)の5400万円で、杉野公彦氏が落札した。また、落札額2位は「キャニオンリリーの17」(牡、父キンシャサノキセキ)の3780万円、3位は牝馬最高価格の「チョウカイクリスの17」(牝、父キズナ)の3672万円となった(金額はいずれも税込み)。

最終更新:4/23(火) 19:52
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事