ここから本文です

中村隼人、連ドラ初主演 暗闇苦手の御曹司役「毎話、ほぼ気絶してます」

4/23(火) 13:50配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優の中村隼人(25)が23日、東京・渋谷のNHKで、BSプレミアムの連続ドラマ「BS時代劇『大富豪同心』」(5月10日スタート。金曜、後8・00)の試写会に出席した。

【写真】「コノヤロウ」稲森いずみが俳優に蹴り入れた!

 隼人が演じるのは江戸の大富豪の御曹司・卯之吉で、放蕩(ほうとう)の限りを尽くしてきたが、ある日突然、同心(警察の巡査)となる。剣が使えない、走るのも苦手、暗闇が怖いと3拍子そろった卯之吉が、はんなり他力本願で物事を解決していく痛快捕物帳。

 隼人は今作が連ドラ初主演で「大河ドラマには出させて頂いていましたが、映像の仕事はそう多くないので、お話を頂いたときは、まさかと思ってびっくりしました」と率直な思いを語った。普段は刀を使い慣れている隼人は、武道が苦手な役どころとあって「刀ちゃんと抜けるのかなというような差し方をしたりとか、めちゃくちゃ気持ち悪かったですね」。お化けや暗闇が怖いというキャラクターでもあり「毎話、毎話、ほぼ気絶しています。気絶のレパートリーを工夫しないといけない」と笑いを誘った。

 この日、共演の稲森いずみ(47)、新川優愛(25)とともに登壇。隼人は「歌舞伎の世界は女性の役も男性が演じるので男しかいない。こんなお綺麗な方がいらっしゃって華やかな現場だなあというのが印象でした」と凜々しい笑みを見せていた。

最終更新:4/23(火) 18:53
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事