ここから本文です

【天皇賞・春】ヴォージュ「今回は少し無理をしてでも前へ行くつもり」

4/23(火) 21:10配信

東スポWeb

【天皇賞・春(日曜=28日、京都芝外3200メートル)注目馬23日朝の表情:栗東】休養明けの阪神大賞典は8着と持ち味を発揮できずに終わったヴォージュだが、京都で行われた前々走の万葉Sでは逃げ切り勝ちを決めているだけに侮れない存在だ。陣営は逃げの手に出る構えを示唆した。

 西村調教師「もともとが使って調子を上げるタイプ。この中間はプール併用でしっかりと負荷をかける調教ができている。近くに馬がいると行きたがるだけに、ポツンと一頭で走る形が理想。今回は少し無理をしてでも前へ行くつもり。自分の形に持ち込みたいね」

最終更新:4/23(火) 21:10
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事