ここから本文です

【天皇賞・春】阪神大賞典負け組の6歳馬が不気味

4/23(火) 21:10配信

東スポWeb

【天皇賞・春(日曜=28日、京都芝外3200メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈1・1・0・8〉と超低打率。〈5・0・2・3〉の2番人気のほうが信頼できる。3番人気は〈0・4・1・5〉。

 ステップ別では阪神大賞典組の3勝、2着2回、3着5回が最多。日経賞組(3勝、2着3回、3着2回)、大阪杯組(3勝、2着3回、3着1回)が続く。

 年齢別では5歳馬の4勝、2着4回、3着1回、4歳馬の3勝、2着1回、3着5回に対して、6歳馬が3勝、2着3回、3着2回とその健闘ぶりが目立っている。

 ぶっちぎられた阪神大賞典組はいずれも評価は低いが、2着カフジプリンスを筆頭に、3着ロードヴァンドール、6着リッジマン、8着ヴォージュと健闘目立つ6歳馬が揃っているのは何とも不気味だ。

最終更新:4/23(火) 21:10
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事