ここから本文です

日本ハム・大田 今季初3番で先制打 1死三塁で「当たり前のことができたと思う」

4/23(火) 19:38配信

デイリースポーツ

 「日本ハム-楽天」(23日、札幌ドーム)

 今季初めて3番に座った日本ハム・大田が、先制の中前適時打を放った。

【写真】日本ハム・杉浦 5回完全9奪三振なのに交代…なぜ?

 0-0の四回。先頭の杉谷が右翼越えの三塁打で好機を演出すると1死後、大田が辛島の直球をバットの先で拾った。一塁ベースを回ると、歓喜する三塁ベンチに向かってガッツポーズ。均衡を破る貴重な一打となった。

 球団を通じ、「気持ちでいきました。先頭打者がスリーベースで出て、ああいう場面は絶対に点を取らないといけない。当たり前のことができたと思う。内野も前進していたし犠牲フライでも何でも良いシチュエーションだった」とコメントした。

 六回に、日本ハムが先発・杉浦からバーベイトにスイッチしたところ、楽天はブラッシュが同点2号ソロを放っている。

最終更新:4/23(火) 21:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/23(木) 18:10

あなたにおすすめの記事