ここから本文です

世界中の女性が共感する22歳新人シンガー・メイベル「自分の幸せの為に男が絶対必要と思わない」

4/23(火) 19:50配信

デビュー

 イギリスを拠点に活動する新人シンガー・ソングライター、メイベルの最新シングル「Don’t Call Me Up」が、全英シングル・チャートで3位を獲得し、8週連続トップ10入りを果たした。この曲を収録したデビュー・アルバム『ハイ・エクスペクテーションズ』が7月12日にリリースされることが発表された。

【写真】デビュー・アルバム『ハイ・エクスペクテーションズ』。

 音楽一家に生まれたメイベル。父親は、英国を代表するバンド、マッシヴ・アタックやポーティスヘッドのプロデューサー、キャメロン・マクヴェイ。母親は、80年代末から90年代に大成功を収めた、カリスマシンガーのネナ・チェリーだ。「子供の頃はツアーバスに乗って世界中を移動しながら育ち、友達も少なく不安を感じる事も多かった。そんな時『楽器でも習ってみたら?』とか『思ったことを書き留めてみたら?』と自然に音楽に触れる環境づくりをしてくれた両親には感謝でいっぱい」と彼女は語っている。

 メイベルは2017年に発表した楽曲「Finders Keepers」で大成功を収め、プラチナムを達成。ブリットアワードでは「批評家賞」「最優秀ブリティッシュ・ブレイクスルー・アクト賞」と、これまでに2度選出された。同年にはハリー・スタイルズのツアー・サポート・アクトを務め、今秋、第60回グラミー賞にて5部門にノミネートされた男性R&Bシンガー、カリードとツアーを共にする事が決定している。

 「Don’ Call Me Up」が今、全世界で2億回以上ストリーミング再生され、リスナーの大半は女性だと言う。女性に圧倒的指示を受ける要因についてメイベルはこう話す。「彼と別れて落ち込む自分を立ち直らせるためだけの曲にはしたくなかったの(笑)。もう二度と立ち直れないと思ってもいずれは立ち直るものだし、そう言う気持ちを深く掘り下げて曲にしたかった。それに、失恋で傷つけられた人と一緒にいるより友達やもっと重要なことに目を向けるべきだって気付いたの。私は”Independent Woman”(自立した女性)世代だし、自分の幸せの為に男が絶対必要と思わない。これからもこの曲に勇気づけられたり、救われたりする人が増えたら嬉しい」。

 ニュー・アルバム『ハイ・エクスペクテーションズ』は「ありのままの自分も素晴らしい」とポジティブをテーマにした作品だ。不安だった子供時代や失敗した恋愛で、自分にプレッシャーを課せ過ぎていたと気づき、その経験をもとにしたもの。自立し活躍する女性が増えるこの時代、世界中の女性が共感する新人シンガー・メイベルの歌が必要とされるはずだ。

最終更新:4/23(火) 19:50
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事