ここから本文です

週間 10連休直前に北海道で雪や吹雪 本州の山も雪

4/23(火) 11:57配信

tenki.jp

25日(木)から26日(金)の天気 北海道に寒気流入

25日(木)から26日(金)にかけて、低気圧が本州付近を北東へ進むでしょう。26日は、北海道付近の上空およそ1500メートルに、氷点下6度以下の寒気が流れ込む予想です。平地でも雪となる目安の寒気です。大陸から本州の南に延びる前線は、南西諸島付近まで南下するでしょう。25日は、沖縄は曇りや雨のスッキリしない天気です。九州、四国、中国地方は、天気は回復へ向かうものの、雲は取れにくいでしょう。近畿から関東では朝方、東北は昼頃にかけて雨雲がかかり、本降りとなる所がありそうです。北海道は雨が降り、オホーツク海側から次第に雪に変わる見込みです。26日は、中国地方から東北にかけて雨雲がかかるでしょう。北陸や東北の山では雪が降りそうです。北海道は平地でも雪が降り、降り方が強まる所があるでしょう。ふぶくこともありそうです。全国的に北風が強まるでしょう。

最高気温は、25日は全国的に平年より高めの予想です。26日は、平年並みか低くなる所が多いでしょう。関東は暖かい空気に覆われたままで、5月下旬並みの予想です。

いよいよゴールデンウィーク 29日(昭和の日)は天気崩れそう

27日(土)は、日本付近の上空を、寒気を伴った気圧の谷が通過する見込みです。大陸から西日本付近に高気圧が移動性してくるでしょう。沖縄はぐずついた天気が続きそうです。九州から関東、東北南部の太平洋側は、日差しが届く見込みです。北陸から東北の日本海側は雨が降り、標高の高い所では雪でしょう。東北北部では、太平洋側にも雪雲や雨雲が流れ込みそうです。北海道は雪が降るでしょう。26日から27日にかけて、東北や北海道の日本海側では荒れた天気となる恐れがあります。
28日(日)は、大陸から東シナ海に前線が延びてくるでしょう。晴れ間が広がる所が多いですが、九州では天気は下り坂へ向かいそうです。29日(昭和の日)は、前線や低気圧の影響で、九州から東北で雨が降る可能性があります。最新の情報をご確認下さい。

最高気温は、27日から29日にかけて、九州から北海道は、ほぼ平年並みの予想です。沖縄は27日と28日は平年並みで、29日は5月下旬並みとなる見込みです。

日本気象協会 本社 白石 圭子

2/2ページ

最終更新:4/23(火) 13:38
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事