ここから本文です

【映像】爆発現場付近に不審な車両 スリランカ軍が爆破処理

4/23(火) 12:02配信

AP通信

コロンボ、スリランカ、4月23日(AP)― スリランカのコロンボなど3つの都市にある8カ所のキリスト教会や国際ホテルで4月21日、相次いで発生した爆発で、少なくとも日本人1人を含む290人が死亡、500人以上が負傷した。当局は自爆テロとの見方を示している。
 連続爆発から1夜明けた22日、爆発現場となったコロンボの聖アンソニー教会近くの路上に、前日から不審なミニバンが停まっているという通報が当局にあった。
 ミニバンの内部で爆発物とみられる装置が見つかったことから、軍と警察は付近の住民を避難させて、その場でミニバンを爆破処理した。
 この爆発で、ミニバンが停まっていた道路脇の壁には大きく崩れ落ち、近くに駐車してあった車両やバイク、近隣の住宅や商店などにも大きな被害が出たが、負傷者はいなかった。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:4/23(火) 12:06
AP通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事