ここから本文です

「パチンコやバイク購入に使った」430万円横領の市職員免職 /我孫子

4/23(火) 11:12配信

千葉日報オンライン

 我孫子市教育委員会は22日、イベントの事業費430万円余りを横領したとして、生涯学習部付の田中喜之主査長(46)を懲戒免職とした。既に全額を返済。市の調査に「パチンコや、趣味のバイクの購入費に使った。市民や職場に迷惑を掛け申し訳ない」と話したという。

 市教委によると、文化・スポーツ課で市民文化祭の事務を担当していた2010~17年、実行委員会から預かった銀行の通帳と印鑑を使い、事業費約434万8千円を引き出して着服。18年には約52万4千円を紛失した。

 穴埋めのため、事業の請負業者にうその請求書を作らせ、市に不要な支出をさせるなどして隠そうとした。今年2月、他の職員が伝票に不自然な点があることに気付いた。

 紛失については、市の調査が始まった後に申告。市の予算で穴埋めし、ごまかしていたことも認めた。紛失分は後日、「机の中で見つかった」と説明したという。

 星野順一郎市長は「みなさまからの信頼を失墜する重大な事態を引き起こしたことは、極めて遺憾。全職員で再発防止に取り組む」とコメントした。

最終更新:4/23(火) 11:12
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事