ここから本文です

前田敦子、出産後初の公の場で笑顔 ウズベキスタン副首相の祝福に喜び&感謝【動画付き】

4/23(火) 14:02配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 女優・前田敦子(27)が23日、都内で行われた映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念ウズベキスタン共和国/観光大使就任イベントに出席。3月に第1子となる男児出産を報告してから初の公の場となり、同国のアジズ・アブドハキーモフ副首相から結婚と出産を祝ったビデオメッセージが届くと「ありがとうございます」と笑顔で喜んだ。

 前田はアジズ副首相とウズベキスタンで会ったことを話し「お土産をいただいて、それに日記をつけて、妊娠して出産したことなどを書きました」と、子どもが誕生するまで活用したことを明かした。

 約1ヶ月、同作のロケで過ごしたウズベキスタンについて「最高で7、8時間のバス移動もあったんですけど、景色が変わっていくのでみんなでワクワクしっぱなしで、ずっと楽しかったです」と長距離移動も苦でなかったことを話し「どこで写真を撮るにもインスタ映えするようなところで、アクセサリーもすごくかわいくてたくさん買いました」と充実した時間を過ごした様子を語っていた。

 同作は、日本とウズベキスタンの国交樹立25周年、ナボイ劇場完成70周年記念の国際共同製作作品。メガホンを取った黒沢清監督によるオリジナル脚本となり、日本のテレビバラエティー番組のクルーと共に取材のためにウズベキスタンを訪れた女性レポーター・葉子(前田)が、現地のコーディネーターや異文化の人々との交流によって新しい世界を開き、成長していく姿を描く。公開は6月14日。

最終更新:4/23(火) 14:02
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事