ここから本文です

就職したい会社No.1...新人商社ウーマンの16年後の姿

4/23(火) 12:01配信

テレ東プラス

今回は、シリーズ「さらば平成 君は夜明けを見たか第5弾 “16年後“の新入社員」を放送。今では“就職したい会社ランキング“で1位になった伊藤忠商事。番組は、就職氷河期の2003年に入社した3人に密着。苦境の時代を経験した当時の新入社員たちは、今どんな思いで伊藤忠の躍進を支えているのか...。最前線で戦う3人の姿を通し、ニッポンのビジネスパーソンの「夜明け」を追う。

いち早く「非資源No.1」を打ち出して成功

早朝の東京・豊洲市場。伊藤忠商事・水産部の鈴木雄策さんは、月に3回やって来ては、大量に買い付けたアジのチェックを行う。これを日本の業者に卸したり、加工して海外へ輸出したりすることで、伊藤忠はその仲介料を稼いでいる。食料部門の売上げは、伊藤忠全体の4割。その中でも、鈴木さんは、ほぼすべての水産品を扱い、大手スーパーなど数十社と取引している。

グループ従業員数10万人を誇る巨大商社のトップに立つのは、繊維部門出身の岡藤正広会長CEOだ。過去最高益を見込む今、本社ビルを7年かけて建て替える計画を立てている。建て替えが正式に決まった後も、岡藤氏は「今いいからといって、7年後にどうなっているんや」と役員たちに釘を刺す。慎重な発言の真意を聞くと、「『山高ければ、谷深し』。登るには時間がかかるが、降りるときはあっという間。現状維持じゃなく、今日よりも明日、明日よりも明後日と一歩でも成長していく。それができないときに商社は潰れてしまう」と、常に成長し続ける必要性を説いた。

これまで総合商社は、石油の売買や油田開発など、「資源ビジネス」で巨額の利益を上げてきた。しかし、国際情勢に左右されるため、時に大きな損失を被ることも少なくなかった。そこで、伊藤忠は他社に先駆け、資源で稼ぐビジネスモデルから転換。コンビニやファッションブランドなど「非資源分野」に集中投資。約300社を伊藤忠グループに加え、今やグループ全体で5兆5千億円を売り上げるまでに成長を遂げた。その中核を担っているのが、約2万4000店を展開するご存知「ファミリーマート」だ。

1/3ページ

最終更新:4/23(火) 12:01
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事