ここから本文です

最下位阪神は組織としていい方向に進んでいないのか?

4/23(火) 5:00配信

THE PAGE

阪神が巨人戦に3連敗、開幕から対巨人6連敗となり単独最下位、借金「6」を抱えて苦しんでいる。スタートで躓いた昨年のセ・リーグ覇者、広島がようやく調子を取り戻しつつあるが、阪神は2試合連続の完封負け。「打てない、守れない」の阪神に浮上の好材料は見当たらない。そんな中、21日の巨人戦を甲子園でラジオ解説した元千葉ロッテで評論家の里崎智也氏が放送で喋った「阪神は組織としていい方向に進んでいない」というコメントが反響を呼んでいる。

 ベンチワークを含めた監督、コーチの組織なのか、フロントの組織なのか、本社、フロント、現場をつなぐ組織なのか、阪神の場合、思い当たる節はたくさんある。当の本人に、そのコメントの真意を聞いてみると意外とシンプルな意見だった。

「個々には能力のある選手がいます。近本、糸井、木浪、西にしてもそうですよね。でも、それが勝ちにつながっていない。いわゆる投打が、かみ合っていない状況です。組織としていい方向に進んでいない、と指摘したのは、その点なのです。力のないチームはベンチが動こうとします。でも、そこで結果が出ないと、また違うことをやろうとして、負のスパイラルに入ってしまいます。いわゆる後手後手に回ってしまうケースです」

 確かに今年の阪神のベンチの動きには疑問点が多い。
 21日の巨人戦でも、1点差で迎えた7回二死二塁から阪神ベンチは西に8番・山本との勝負を命じた。結果的に前に出ていた外野守備の間を抜かれ痛恨のタイムリー三塁打を打たれることになった。次打者は好投を続けているメルセデスだった。ネクストバッターズサークルには石川が入っていたが、切り札、阿部も残っていた。おそらく矢野監督は、山本を敬遠すると、メルセデスに代打の可能性があると踏み、山本と阿部を比較して前者との勝負を選んだのだろう。
 だが、クックにつなぐブルペン陣に不安を残す巨人ベンチがメルセデスを続投させる可能性もあったし、もし代打なら代打で、タイミングが合わなかったメルセデスが降板すれば、沈黙していた阪神打線が息を吹き返す可能性もあった。あくまでも“たられば”の駆け引きだが、矢野監督の勝負勘は外れた。

 だが、里崎氏は、こうも言う。
「ただ采配や戦術については、監督の価値観の問題で正解はないんです。試合の勝ち負けの仮定に正しいも間違いもない。勝てばいいんですから。それを客観的に分析するのが評論家の仕事なので意見は言いますが、現場は周りを納得させるための采配をふるう必要はないと思います。自分たちが納得していれば、いい話で、それで負ければ責任を取る。シンプルですよね。また例えば、不振の打線を見るとチームとしてしっかりと狙いを決めて攻略しているのかという疑問がありますが、それだって実はコーチは狙いを指示しているが、選手ができていない場合がありますよね。チームの内情がわからないのでなんとも言えない部分です。あくまでも結果としてチームのフィールドマネジメントが形になっていません」

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 14:55
THE PAGE

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事