ここから本文です

室内につり革・荷物棚! 東京メトロ高架下に時間貸しスペース開業 勘違いから電車風に

4/23(火) 10:31配信

乗りものニュース

千代田線の綾瀬駅近くにオープン

 東京メトロとスペースマーケットは2019年4月11日(木)、千代田線 綾瀬駅(東京都足立区)の西口から徒歩2分の高架下にシェアリングスペース「むすべやメトロ綾瀬」をオープン。4月22日(月)に報道陣へ公開しました。

【写真】車両部品は廃車となった丸ノ内線02系!

「むすべやメトロ綾瀬」は時間貸しの施設です。パーティーや会議、セミナーなどに利用できます。室内に、廃車となった電車の座席や荷物棚、つり革などを設置しているのが特徴。設備・備品としては、テーブルやいす、モニター、ホワイトボードなどに加え、ガスコンロやオーブンレンジ、フライパン、鍋、包丁といった調理設備・器具、食器、撮影に用いる三脚なども用意されています。収容人数は着席で最大20人です。平日は会議やパーティー、土休日は親子連れの利用を想定しています。

 東京メトロは自社が持っているスペースの新たな活用方法を見出し、沿線地域の賑わいを創出するため、スペースシェアリングプラットフォームを運営するスペースマーケットと業務提携。また、「むすべやメトロ綾瀬」の運営は、綾瀬に本社を置く不動産事業のハウスプラザが行います。

 内装に鉄道部品を採用した経緯について、東京メトロ 経営企画本部 企業価値創造部の池沢 聡課長は「イメージイラストを見て、社員が照明をつり革と勘違いしたのがきっかけです」と明かしました。

 シェアリングスペース「むすべやメトロ綾瀬」の利用時間は午前9時から24時まで。1時間あたりの料金は、平日が1500円、土休日が2280円です(いずれも税別。5月末までのオープニング価格)。

乗りものニュース編集部

最終更新:4/23(火) 11:32
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事