ここから本文です

MADKID「やりたい事を貫いているだけ」型にはまらない音楽で描く5人の未来:インタビュー

4/23(火) 11:11配信

MusicVoice

良い意味でアンバランス。常に何かを探している状態

――さて、「COME」のイントロに出てくるメロディは人が歌っているようなニュアンスで面白いですね。これももしかして歌を加工して?

LIN これはシンセサイザーの音をピッチベンドなどを使用して、歌っているように打ち込んでいます。

――歌の可能性もあるかなと思ったのですが、シンセサイザーなんですね。この曲はトラップですが、どういうイメージで進めていったのでしょうか。

LIN 過去にリリースした「OVERAGAIN」や「出ていってよ」は綺麗なコード感が続いたので、リズミックな曲にしたいというのがありました。

YOU-TA ずっとこういう曲をやってみたかったんです。「Never going back」とか、「RISE」や「FAITH」はヒップホップ要素はあまりないんですけど、「COME」はヒップホップ要素も強いので、こういう曲もやれて嬉しいです。

――「COME」の歌詞が面白いです。

YUKI この曲は意味もありつつ楽しいものにしたかったんです。ノリがすごく変化していく曲だったので、歌の部分とラップパートの差別化をしたいと思いました。今回収録された曲の中では一番考えた曲でした。

――確かにジャンルの特性としてはノリを重視して歌詞をつけてしまうところを、意味を持たせるために試行錯誤されたんですね。

YUKI そうなんです。「RISE」や「FAITH」は到達点が決まっているので、それに向かって書いていくんですけど、「COME」はスタートから書きたいことが多くて、向かうところは同じなんですけど、アプローチの仕方が全然違うんです。「GIANT KILLING」の作り方が似ているんですけど、こういう曲があるとラップが引き立つなと思って、やっていて楽しかったです。

――自由度が高くてやりがいがありそうですよね。さて、「さよなら...」はバラードナンバーですが、歌ってみていかがでしたか。

SHIN この曲はすごくサビのキーが高くて、難しかったんです。

――どうやって乗り切ったのでしょうか。

SHIN 気合いですね…。

一同 (笑)。

SHIN でも、そこが難しくて気合いを入れながらも感情をコントロールしなければいけなくて、ただ歌うだけだとそれはカラオケになってしまうので。

――ちょっとキーを下げようという話にはならない?

SHIN やっぱりこの曲はこのキーが一番良く聴こえるので、変えようという話にはならなかったです。あと、皆さんに作ってもらっているので…。

YOU-TA 他人か(笑)。歌割りは僕が決めさせて頂いたんですけど、この曲は割り振りが難しかったんです。いつもは一回で決まるんですけど、この曲は3回くらい変えたと思います。トップ(一番高い音)はそうでもないんですけど、今までの曲よりもキーの平均値が高くて難しいので、ライブで歌うのがちょっと怖いんです(笑)。でも、最近の曲の中ではしっかり個性が出せる一曲だと思います。

――聴かせる系の曲だけにライブだと緊張感がありますよね。あと、歌詞に一言だけ韓国語が使われていますけど、この意図は?

YUKI まず、この曲はボーカルの見せ場と思いました。僕らラッパー2人はボーカル3人をより引き立たせるための立ち位置、自分がスパイスになりたいと思いました。その中で一つ引っかかるものがあった方が良いなと思って、この言葉を入れました。テンポが遅い曲のラップは僕はあまり慣れていなくて、難しかったんです。なので、ラップのスキルではなくワードチョイスで魅せようというのもありました。ラップを考えていた時に電話の音を使いたいなと思って、それで「もしもし」を韓国語にしたらハマって、そのあとも上手く韻が踏めたんです。この曲のラップパートは10秒ぐらいしかないと思うんですけど、その中で色が変わる部分を作りたかったのと、LINちゃんのパートに上手くパスできるようにと考えました。

――聞き慣れない言葉が入ってきたので耳を惹きつけられました。LINさんはラッパーとして、バラードというのはどのように感じていますか。

LIN 個人的にはバラードは凄く好きなんです。ラップということに関しては、ラップも一つの歌唱法なので、曲に合わせてメロディを歌っても良いと思いますし自由ですね。でも、この曲はやっぱり歌をメインにした方が良いなと思いました。逆に「COME」はほとんどラップみたいだったり。

YOU-TA そうそう、「COME」は僕らボーカルもラップみたいな感じです(笑)。

――凄くフレキシブルで、純粋に良いものを追求している感じが伝わってきます。さて、最後に今作が完成して今のMADKIDを形容するとしたらどんな言葉が合うと思いますか。

YOU-TA 今の僕らは良い意味でバランスは取れていないけど、常に何かを探している状態なんです。なので「アンバランス」かなと思います。

YUKI 「シーンの確立」かなと思います。何かに当てはめるというのは人間誰しもがしたくなることだと思います。当てはめたい人は当てはめてもらってもいいんですけど、僕たちはやりたい事を貫いているだけなんです。この『CIRCUS』はこれから活動していくにあたって、MADKIDの土台になる作品なんじゃないかなと思います。

(おわり)

3/3ページ

最終更新:4/23(火) 13:57
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事