ここから本文です

ANA「空飛ぶウミガメ」A380型機内を取材! 搭乗すると木目調 ハワイ専用機らしい空間

4/23(火) 14:00配信

乗りものニュース

機内に階段がある2階建て客室

 ANA(全日空)が2019年5月24日(金)より、日本の航空会社として初めて運航する世界最大の旅客機「エアバスA380」。2階建て構造で、520席も備えられているその巨大な機体の内部が成田空港で2019年4月23日(火)、初めて報道陣へ公開されました。

【写真】機内に入ると木目調! ANAのA380「フライングホヌ」

 このA380型機は、東京(成田)~ハワイ(ホノルル)線に就航。ハワイで神聖な生き物とされる「ホヌ(ウミガメ)」にちなんだ「FLYING HONU(フライングホヌ)」という愛称を持ち、そうした特別塗装が外観に施されています。

 機内も「ハワイ専用機」らしく、日本の航空会社で初となるカウチシートの導入などリゾート利用を想定したものになっているほか、乗降ドア付近やギャレーが木目調のデザインだったり、客室前後の仕切り壁に青空や星空が描かれていたりと、搭乗の瞬間から「普通とは違う」を感じられるものでした。

 なお、同機のサイズは全長72.7m、全幅79.8m、全高24.1m。LCCでも多く使われている小型のエアバスA320型機は、それぞれ37.6m、34.1m、11.8m、166席です(数値はANAのA320)。

いざ機内へ! 初導入の「カウチシート」実際はこんな感じ!

●エコノミークラス

 最新型という薄型の軽量シートで、2種類のファブリック(織物)を使って明るい雰囲気を演出したとのこと。座席は、ヘッドレストが6方向に調整が可能で、足置き付き。シートピッチ(座席の前後間隔)は34インチ(約86センチ)です。クラス世界最大という13.3インチのタッチパネル式パーソナルモニター、PC電源、USBポートを備えます(最前列は10.1インチ)。

 座席配置は横に3人+4人+3人が基本。機内1階の大部分を占め、席数は323です。

●カウチシート「ANA COUCHii」

 日本の航空会社として初導入となるカウチシート。前席との隙間を埋め、ベッドのようにしてくつろぐことが可能。寝具として、ファーストクラスのシーツマット、ビジネスクラスの枕2つ、エコノミークラスのブランケットが用意されます。

 シートピッチは32インチ(約81cm)。エコノミークラスに料金を追加する形で利用できます。座席配置は3人+4人+3人。機内1階後部にあり、席数は60です。

●プレミアムエコノミー

 38インチ(約97cm)というゆとりのあるシートピッチで、レッグレスト、フットレストも用意。ヘッドレストは6方向へ調整できます。大型のテーブルは、約90度回転できるようにすることで、通路へ容易にアクセス可能なよう工夫。15.6インチのクラス世界最大というタッチパネル式パーソナルモニター(最前列は11.6インチ)、PC電源、USBポートを備えます。

 座席配置は2人+3人+2人。アメニティとして、デュポンタイベックという生活防水素材を使用したANAオリジナルデザインの「FLYING HONU」エコバックが用意されます。機内2階後部にあり、席数は73です。

1/2ページ

最終更新:4/26(金) 17:17
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事