ここから本文です

ロバート・パティンソン出演の衝撃作『ハイ・ライフ』が公開中

4/23(火) 15:01配信

ぴあ映画生活

ロバート・パティンソン、ジュリエット・ビノシュ、ミア・ゴスらが出演する映画『ハイ・ライフ』が現在公開されている。すでに公開されている国々で賛否を巻き起こしているSFスリラーで、ある実験のために宇宙船に乗せられた元死刑囚のドラマが描かれる。

本作の舞台は、太陽系の外の世界を航行する宇宙船。乗り込んでいるのは地球で極刑を言い渡された囚人たちで、彼らはある実験に参加するために故郷の惑星を離れた。宇宙船には医師が乗り込んでおり、彼女の差し出す薬を飲み、実験に参加する。この宇宙船で行われている実験の正体とは?

本作の脚本と監督を務めたのは『パリ、18区、夜。』『ネネットとボニ』などを手がけたクレール・ドゥニで本作はキャリア初のSF作品だが本人は「私自身はまったく変わったとは思ってない」と語っており「私が映画の中でいつも探求するのは、状況がいかなるものでも愛を求め、愛を探しているところがある。本作はSFと言われると宇宙で話が展開しますので、その点ではSFかもしれませんけど、本当にSFでしょうか? これはもう愛がなくなってしまって、なんとか生きようとしている。愛なしで生きようとしている人々、男性女性の物語と考えられないでしょうか?」とコメントしている。

『ハイ・ライフ』
公開中

最終更新:4/23(火) 15:01
ぴあ映画生活

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事