ここから本文です

その飛距離は「平均300ヤード」超。若き飛ばし屋・星野陸也の飛ばしギア

4/23(火) 20:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

今シーズン、国内男子ツアーの中心選手としての活躍が期待される一人が星野陸也。昨年ツアー初優勝を挙げ賞金ランク7位とブレイク。今シーズンも平均300.13ヤードと300ヤードを超える平均飛距離を誇る飛ばし屋が選んだ、飛ばしのギアを見てみよう。

星野が使うドライバーは契約先の住友ゴム工業の「Z745」。発売は2014年、なんと今から5年前のモデルだ。5年前となれば飛距離においては最新モデルと比べると物足りなさを感じてもおかしくないが、星野のドライバー選びの基準は飛ばしだけではないという。

「やっぱり、日本のコースは飛ばせばいいのではく、フェアウェイの右サイドや左サイドを打ち分けたり、風によって高低を打ち分けたりする技術が求められるので。そういう技術に応えてくれるのがこのドライバーなんですよね」(星野)

そのために星野がこだわっているのがロフト。「9.5度から10.5度くらいにしています。ちょうどそのロフトが、低く打ったり曲げたり球をコントロールできるんです」という。

3番ウッドはテーラーメイドのM2ツアーの16.5度のものをチョイス。ロースピンヘッドと高ロフトの組み合わせは、大きなキャリーが期待できそう。5番ウッドの下には“やさしいプロモデル”としてプロ人気の高いスリクソンZ585の3番アイアンをユーティリティ的にセットしている。PGAツアーの飛ばし屋的なセッティングだ。

身長186センチと恵まれた体格。1996年5月12日生まれで現在22歳という若さ。そしてたしかな実力。星野陸也が賞金王争いに絡んでくると、ツアーはますます面白い。

【星野陸也の14本】
1W:ダンロップ スリクソン Z745(10.5度、クロカゲ XT70、硬さX)
3W:テーラーメイド M2ツアーHL(16.5度、クロカゲ XD70、硬さX)
5W:ダンロップ スリクソン Z-TX(18度、ディアマナ アヒナ70、硬さX)
3I:ダンロップ スリクソン Z585(ダイナミックゴールド、硬さX100)※1番手ずらし柔らかく調整
4‐PW:ダンロップ スリクソン Z945(ダイナミックゴールド、硬さX100)
52、58度:クリーブランド RTX-3(ダイナミックゴールド、硬さX100)
PUTTER:オデッセイ ホワイトライズ iX 3SH
BALL:スリクソン Z-STAR

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:4/23(火) 20:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事