ここから本文です

前田敦子、産後初の公の場 人生の転機に「びっくり」 ウズベキスタン副首相も祝福

4/23(火) 12:09配信

MusicVoice

 前田敦子がウズベキスタン観光大使に就任した。23日には都内で就任イベントがおこなわれた。前田は今年3月に第一子を出産。産後初の公の場で変わらぬスタイルの良さを見せた前田はウズベキスタン愛を語った。

【写真】あっちゃん、スラリ。全身写真

 前田敦子は、黒沢清監督がシルクロードを舞台に描く『旅のおわり世界のはじまり』(6月14日公開)で主演を務める。

 同作は、日本とウズベキスタンが正式に国交を樹立して25年、日本人が建設に関わったナボイ劇場が完成してから70周年を迎えたことを記念して日ウが共同製作。

 “舞台で歌う”という夢への情熱を胸に秘めたテレビリポーターの主人公が、番組のクルーと取材のためにウズベキスタンを訪れ、異国での様々な出会いによって成長していく姿を描く。

 現地に約1カ月滞在して撮影。前田はこのなかで、文化や歴史、自然、同国の魅力に触れ、楽しんだという。そうした姿勢が、両国を結ぶ観光大使に適任と考えmウズベキスタン共和国が正式にオファーした。

 この日、前田に、アジズ・アブドハキーモフ副首相からビデオメッセージが届けられた。先月4日に第一子を出産したことを報告した前田に、同副首相は「家族揃ってお会いする事を楽しみにしています」と祝福。

 前田自身は、同国での撮影を終えてから迎えた人生の転機に「びっくりですよね」と驚きの様子を明かした。

 この日登壇したガイラト・ファジーロフ駐日大使によれば、同国には「日本のポップミュージックや俳優が好きで興味がある」学生もいるという。前田も同国滞在中にそれを感じたようだ。

 そんな前田は滞在中は同国を満喫。何度も「楽しかった」という言葉を口にした。

 なかでも7時間かけてのバス移動は「どんどん景色が変わっていくので皆ワクワクしていた。ずっと楽しかった」とし、更に国民性にも触れ「ウズベキスタンの人たちは明るい。みんなと仲良くなって、しゃべりながら移動して。交流は楽しかった」と笑顔を見せた。

 また、“撮休”は女性スタッフと共に街中に出かけたといい「(街並みは)青など色んな色があって、どこで撮ってもインスタ映えする。アクセサリーが可愛くて、シルバーでとても細かい、たくさん買いました」と思い出話に花を咲かせる前田は「(しゃべり出したら)止まらないですね」。ウズベキスタン愛を披露した。

 改めて、前田は「映画を通して一緒に(同国に)行った気分になって欲しい」と語った。

最終更新:4/23(火) 12:49
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事