ここから本文です

ヘンリー王子とメーガン妃、アフリカへ移住を検討か

4/23(火) 22:04配信

ELLE ONLINE

発端となったのは新聞「サンデータイムズ」の記事。ヘンリー王子とメーガン妃が第1子誕生後、新たな公務でアフリカに引っ越すと報じた。ヘンリー王子はアフリカの野生動物の保護に熱心で、医療施設や教育施設の設立にも取り組んでいる。結婚前にメーガン妃とアフリカにバケーションで出かけたこともある。とはいえアフリカに移住するというのはあまりにも突飛! 信憑性は低いとみられていた。

【写真】出産までカウントダウン。メーガン妃のマタニティコーデ全ルックを総覧

でも王室レポーターのリチャード・パルマーは、この噂に王室が反応したとツイート! 「英国王室はコモンウェルスの若者たちに対する彼らの魅力を最大限に活用し、ウィリアム王子夫妻との距離を置く方法として、ヘンリー王子とメーガン妃をアフリカに送ることを検討しているという報道を否定していない」「英国王室はこうコメントしている。『ヘンリー王子とメーガン妃に関する将来のプランは現時点ではすべて推測に過ぎない。王子と妃の今後の役割については何も決まっていない』」。つまり否定していないからアフリカに移住する可能性があるというのがパルマーの見方。また新婚のロイヤルカップルがロンドンから離れることは珍しいことではないという報道も。ウィリアム王子とキャサリン妃の場合も結婚直後にウェールズのアングルシーに引っ越し、新婚生活を送っていた。当時ウィリアム王子は英国空軍でパイロットとしての任務に着いていた。

新聞「サンデータイムズ」が入手した関係者の証言によると「英国王室はヘンリー王子とメーガン妃が誰もコントロールできないような、王室とはまったく別の組織体を作るのではないかと心配している」「ヘンリー王子とメーガン妃、そして2人が集める世界的な注目をどう抑え込むか議論している」。その結果、英国王室はヘンリー王子とメーガン妃がマスコミの注目を集めないよう、ロンドンから離れたウィンザー城のフロッグモアコテージに引っ越しさせることを決めたという。しかし引っ越しても2人に対する注目度は高まるばかり。そこでカナダやオーストラリアなどのコモンウェルス諸国への移住を検討し始めた。でもカナダもオーストラリアも王子たちに対するマスコミの関心度はイギリスと同じようなもの。そこでアフリカが候補に上がったと報じている。

荒唐無稽な噂に聞こえるけれど、ヘンリー王子とメーガン妃の交際発覚後は予想外の事件が多々あった英国王室。移住という可能性も捨てきれない。今後の動きに要注目!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:4/23(火) 22:04
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事