ここから本文です

気候変動デモ、非暴力・不服従のテクニック学ぶ参加者ら

4/23(火) 15:50配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【4月23日 AFP】フランスの国会議事堂前の階段で、非暴力だが違法な座り込みをするデモ隊。このデモを解散させる機動隊員の役を演じたアクセルさんは、活動家仲間と固くスクラムを組んだ女性1人を引き離すのに悪戦苦闘した。まるで岩に貼りついた貝を引き剥がすときのように、つかみどころがないのだ。

 これは「非暴力・市民的不服従101(Non-Violent Civil Disobedience 101)」と呼ばれる1日の基本的なデモ参加訓練プログラムだ。正義を追求するためには違法デモへの参加も辞さないと決心した人々を対象にしている。

 18日の土曜日、パリで開かれた講習会に出席したのは55人。参加者の大半を駆り立てているのは、気候変動と地球上の種の消滅が加速していることへの懸念だ。世界では昨年10月以降、特に西欧と北米で、こうした問題をめぐる草の根の抗議運動が急成長している。
 
 15日には、緩やかな結束ながらよく組織された英国発祥の環境保護運動「絶滅への反逆(Extinction Rebellion)」が、世界の主要都市での同時行動週間を打ち出した。

 ロンドンではウォータールー橋(Waterloo Bridge)や国会議事堂前広場など街を象徴する場所で交通を阻止し、「ロンドンをまひさせる」と宣言した。「XR」の略称で知られるこの運動は、市民的不服従の歴史的模範として米公民権運動やインド独立運動からヒントを得ている。

 何によって気候変動に対する抗議運動が突然勢いづいたのかは不明だ。だが講習会の参加者の一部は、昨秋出された国連(UN)の科学報告書をきっかけとして挙げた。この報告書は、地球温暖化による破滅を最小限に抑えるためには、人類がエネルギーの生産方法と消費方法を抜本的に変革するしかないと警告した。

■警察に拘束される準備

「不服従者たち(Les Desobeissants)」と呼ばれる小規模NGOの創立メンバーで、パリでデモへの参加指導にあたるレミ・フィリオ(Remi Filliau)さんは「過去6か月から7か月、毎月数回の講習会で指導してきた」と語り、以前は参加者がずっと少なかったと述べた。

 フィリオさんはアクセルさんに、相手を塊となった一団から引き離す方法のコツを示した。アクセルさんは女性の背後から相手の鼻の下に人さし指を置き、次に鋭く引き上げた。女性の腕がパッと開いた瞬間にぐっと引っ張ると、数秒でデモ隊に見立てたグループから引き離すことができた。アクセルさんは女性を床に引きずり出して模擬拘束を実演して見せた。フィリオさんは「警察はこのテクニックを使うことが許されている」と参加者に語った。「だが、くすぐるのはセクハラとみなされ、警官はやってはいけないことになっている」

 講習会では始めに大きな輪になって着席した参加者らに、どこまでやる覚悟があるか、どんなリスクを冒す準備があるか考えさせる。「われわれは自分たちの行動を、一般の目から見て正当化できなければならない」とフィリオさん。「そして自分の行動に責任を取らなければならない」

 フィリオさんは過去10年間のフランスで成功を収めた抗議デモは、銀行に圧力をかけ化石燃料開発から撤退させたものや、国に特定の遺伝子組み換え生物(GMO)・作物を禁止させたものを含め、すべて公に非暴力的に行われてきたと指摘する。

 それでも、直近に予定されていた反気候変動デモを指し、「だが警察に拘束されることへの心構えがなければ、おそらくデモには来ない方がいい」と語った。

 大学生のジュリーさんは「街を行進するだけではもう不十分だ」と言う。「でも警察に捕まる覚悟まであるかどうかは分からない」と述べた。

 映像は13日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:4/24(水) 16:56
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ