ここから本文です

同志社、関西学院を圧倒し大差の完封。ラグビー関西大学春季トーナメント

4/23(火) 14:17配信

J SPORTS

同志社の勢いはまだまだ止まらない。西村と入れ替えで出場した同じ東海大仰星出身のWTB和田も、右サイドのタッチライン際を走り抜けトライを決める(52-0)。

また和田は26分、インターセプトされたボールでカウンターをしかけた関学大のBK(バックス)陣へ鋭いタックルを突き刺し、失点を許さなかった。

29分、関学大のノットロールアウェイにより、インゴール前でマイボールスクラムを獲得するとモールを形成。服部が持ったボールはそのままインゴールへ入った(57-0)。

その後もSH桑山が好走でトライを決め、最後はFB南野が自陣深くからインゴール前まで持ち運び、主将山本へとパスを繋いだ。主将自らでとどめの一発を浴びせ、ノーサイドとなった。

見事、関学大を無失点に抑え、1回戦を突破した。アタックもディフェンスにおいても積極的な姿勢でプレーを展開した。

「前に出るということはずっとやってきていたことなので。自分たちのプレーに集中し、それらが上手くいったから、もっと自分たちのプレーを積極的に出来てきたのだと思う」(山本)。

また、FWの活躍ぶりが光った。昨年の課題であったセットプレーだったが、スクラムにおいて計4回のターンオーバーに成功。

「HO橋本主体に、マイボールの時は押し込んでペナルティを取っていく、相手ボールの時もマイボールにする勢いで普段から練習している」(服部)。「FWで点を取る」を大いにフィールドで表現して見せた。

準決勝の相手は天理大学と摂南大学の勝者だ。大差で勝利を収め、素晴らしいスタートを切った第109代ラグビー部、山本組。だが、彼らの戦いの幕は切って落とされたばかりだ。

同志社スポーツアトム編集局

2/2ページ

最終更新:4/23(火) 14:17
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事