ここから本文です

2日目は3時間半で指し手は6手 佐藤天彦名人対豊島将之二冠 いよいよ攻防本格化へ/名人戦七番勝負第2局

4/23(火) 13:42配信

AbemaTIMES

 将棋の名人戦七番勝負第2局が4月23日、山口県萩市の「松陰神社 立志殿」で行われ、対局は0時半から1時間の昼食休憩を終えて、再開した。2日目は豊島将之二冠(28)が封じた53手目から再開したが、昼食休憩までの3時間半で、進んだのはわずかに6手(59手目)。間もなく攻防が本格化すると見られる。挑戦者の豊島二冠は名人戦初挑戦、佐藤天彦名人(31)は防衛すれば4連覇となる。

 佐藤名人の先手で行われた第1局は千日手が成立、2日目の午前から先手・後手を入れ替えての指し直しとなり、豊島二冠が快勝した。第2局は初日から序盤戦が長く進行し、2日目も豊島二冠がいきなり1時間35分の長考。中盤、終盤に向けて、ここはじっくりと時間を使う場面と判断したと見られる。なお昼食は佐藤名人が「インド風スパイシー長州鶏カレー」、豊島二冠が「うな重」を注文。休憩前の残り持ち時間は、佐藤名人が3時間16分、豊島二冠が3時間19分と互角。

 過去の2人の対戦成績は豊島二冠の12勝6敗で、現在は5連勝中。名人戦七番勝負は持ち時間9時間の2日制。対局の先手・後手は第1局の振り駒で決まっており、第2局は豊島二冠、第3局は佐藤名人と第6局まで交互に入れ替わる。第7局は再度振り駒。

最終更新:4/23(火) 13:42
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事