ここから本文です

「クソやでお前」皇治のボディ打ちに“北九州の暴れ馬”悶絶……

4/23(火) 18:33配信

AbemaTIMES

 4月20日、『格闘代理戦争4thシーズン』が放送された。

 同番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリ番組で、第4弾となる今回は「K-1」のトップファイターたちが「監督」となりチーム戦で激突。優勝チームには賞金総額300万円と「K-1 WORLD GP」への出場が確約される。

 皇治率いる「皇治軍団」は、チームメンバーの川口伶次が練習中に拳を痛め、1回戦の出場を辞退するというアクシデントが発生。そこで緊急招集されたのは“北九州の暴れ馬”牧野滉風。事前のインタビューでは「俺が(トライアウトに)出てたら全員の監督から指名来てる」「先鋒で出してもらったら普通に(1人で)3人抜き」と言い放っていた。

 チーム加入を見定めるためのスパーでは、チームメンバーの北村夏輝を相手に胴回し回転蹴りを決めるなど攻めの姿勢を見せ、三軒茶屋シルバーウルフ会長の大宮司進が「今まで来たメンバーの中では一番センスがある」と評価。スタミナ不足という弱点はあったものの、皇治は牧野の気持ちの強さを認め練習への参加を許可した。

 しかし、スパー後に牧野を襲ったのは、気合とスタミナの強化を狙ったハードすぎるトレーニングで、10秒間ボディを打たれ続ける「ボディ打ち」と、20秒間全力でサンドバッグを打ち続ける作業をノンストップで4分続けるというもの。

 皇治自らボディを容赦なく打ち続けると、牧野はグロッキー状態に。皇治は「お前が格闘技どれだけしてきたか、どれだけヤンキーしてきたか知らんけど、これはK-1やから全部捨てろよ、自分が一番弱いと思ってやれ、クソやでお前」「これが喧嘩やったら殺されんで」とこき下ろし「ハッタリこくのが根性じゃない、必死こいて限界超えるのが根性」と格言を言い放っていた。

 トーナメント1回戦は4月27日に行われる。

最終更新:4/23(火) 20:50
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事