ここから本文です

ユヴェントス、21歳の逸材キエーザの獲得目指してバイエルンとの争奪戦か

4/23(火) 22:40配信

GOAL

フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザを巡り、ユヴェントスとバイエルン・ミュンヘンが争奪戦を繰り広げているようだ。イタリア紙『トゥット・スポルト』が23日、報じている。

W杯日本代表の奥さんが登場!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【32枚】

かつてフィオレンティーナやパルマなどで活躍した元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏を父に持つ21歳の逸材は、今シーズンも所属先フィオレンティーナでリーグ戦32試合に出場して6ゴール7アシストを記録するなど主軸として活躍を見せている。20日のユヴェントスとの対戦(2-1でユヴェントスが勝利)では、惜しくも得点にはつながらなかったが、ゴールポストおよびゴールバーを叩く強烈なミドルシュートを放って注目を集めた。

イタリア王者ユヴェントスは、来シーズンに向けた攻撃陣補強の第1ターゲットにキエーザを挙げ、熱視線を注いでいるという。2017年には、フィレンツェからフェデリコ・ベルナルデスキを引き抜いているユーヴェだが、新たには21歳FWに的を絞り再びフィオレンティーナとの交渉へ臨むようだ。

しかしユーヴェには強力なライバルが立ちはだかるっているようだ。ドイツ王者バイエルンもキエーザの獲得に関心を示しており、すでにヴィオラに対し、正式オファーを提示したと伝えられている。ただキエーザ本人はイタリア国内でプレーを続けることを希望しており、依然としてユヴェントスが有力な移籍先であると見られている。今後の動向は注目されるところだ。

最終更新:4/23(火) 22:40
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事