ここから本文です

故プリンス、死の数週間前に発表されていた回想録『The Beautiful Ones』が10/29に発売

4/23(火) 15:15配信

Billboard Japan

 故プリンスが生前準備を進めていた回想録が2019年10月29日に出版される。米出版社ランダムハウスが2019年4月22日にAP通信に明かしたところによると、プリンス財団との独占提携で実現する『The Beautiful Ones (原題)』と題された著書には、プリンスが執筆していた未完原稿、珍しい写真、切り抜き資料、手書きの歌詞などが含まれるとのことだ。2016年にプリンスが死去する数週間前に発表されたこの本の前書きは、彼がコラボレーターとして指名していた米誌ニューヨーカーのライター、ダン・ピーペンブリング(Dan Piepenbring)が執筆する。

 「“The Beautiful Ones”は、プリンス・ロジャース・ネルソンが私たちの知るプリンスになるまでの極めて個人的な記述だ。彼を特徴づけることになるヒット曲や名声以前に、自分のまわりの世界を吸収しながら、ペルソナを、芸術的ヴィジョンを、そして人生を創り出した若者のリアルタイムな物語だ」とランダムハウスは発表している。

 また、「この本では、プリンスの幼少時代から初期の音楽活動、そしてグローバルなスターへの入り口に立つころまでを、プリンスが執筆した原稿、彼がスクラップブックしていた個人的な写真、そして邸宅兼スタジオのペイズリー・パークに所蔵してあった数々の有名曲のオリジナル・リリック・シートで振り返っている。“パープル・レイン”の手書き原稿も含まれ、この最高傑作に至るまでのプリンスの進化を、これまで明かされたことがなかった記憶や未公開画像などで描いていく」とのことだ。

 ピーペンブリングの前書きは、「プリンスが、これまで入念に育て上げてきた不思議さや神秘的雰囲気を保ちつつ、どのように自身やアイデアをもっと世間に知ってもらえるか慎重に考えていた」という彼の晩年に触れている。

 プリンスは、3年前の4月21日にフェンタニルを誤って過剰摂取したことにより57歳で死去した。2018年に著作権代理人のエスター・ニューバーグ(Esther Newberg)が米誌バラエティーに対し、プリンスは50ページ以上を手書きで残していたと話している。

 著書の編集者クリス・ジャクソンは声明で、『The Beautiful Ones』は、「プリンスの人生への美しいトリビュートだ」と述べ、「そしてはるかにそれ以上のものでもある。プリンスのアイデアやヴィジョン、声やイメージが詰まった、本当に感動的で活力を与える文芸作品だ。プリンスのファンのみならず、史上最高のクリエイティブ・アーティストで独創的な偉人が、自分という最高傑作に取り組んでいる様子を見てみたい者にとっての宝だ」とコメントしている。

最終更新:4/23(火) 15:15
Billboard Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事