ここから本文です

金賞に三輪さん 津沢中の武者絵コンクール

4/23(火) 23:14配信

北日本新聞

 6月7、8日の津沢夜高あんどん祭に向け、小矢部市津沢中学校の2年生が描いた武者絵のコンクール審査会が23日、津沢コミュニティプラザであり、金賞に三輪さらさんの作品が輝いた。

 武者絵の伝統を受け継いでもらおうと、津沢公民館(田中良久館長)と津沢夜高行燈保存会(沼田信良会長)が毎年行い、37回目。生徒は1年生だった昨年11月から今年1月まで地区在住の武者絵名人から指導を受け取り組んだ。手本を基に和紙に墨で描き、ろう引きの後に色を付けた。

 37人が1点ずつ出品し、田中館長や沼田会長らが審査した。三輪さんの作品は構図や色彩、髪の毛の描き方などが評価された。

 入賞10点を含む全作品37点は田楽行燈(あんどん)の点燈(てんとう)式が行われる5月11日から6月8日まで市商工会津沢支所横に展示される。祭り前夜祭の6月6日に表彰式がある。北日本新聞社後援。

 ▽銀賞=和田紫苑、長谷川凛奈▽銅賞=石畠歩佳、水越陽奈、和世結希▽佳作=中村圭思、岩崎茉子、宇川碧泉、三輪大悟

北日本新聞社

最終更新:4/23(火) 23:14
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事