ここから本文です

鷹・高橋礼が単独トップ4勝&甲斐野7ホールドなど豊作 新人王候補の序盤戦【パ編】

4/23(火) 13:32配信

Full-Count

オリックス榊原やロッテ岩下にも新人王資格、ここまでの成績は…

 パ・リーグの4週目の時点で2019年度新人王資格のある選手たちの1軍成績を見ていこう。4月22日現在。

【写真】これが“地上10センチの芸術”…鷹高橋礼の地面スレスレのリリースポイント

 新人王は、原則として海外のプロリーグ経験がなく、支配下に初めて登録されてから5年以内で、投手は前年までの1軍の登板イニング数が合計で30イニング以内、打者は、前年までの1軍の打席数が60打席以内の選手が対象だ。

 パ・リーグの新人王候補の成績を見る。まずは投手。投球イニング数順。

高橋礼(ソ)
4登4勝0敗0セーブ0ホールド 25回 防1.44

榊原翼(オ)
3登1勝1敗0セーブ0ホールド 16回2/3 防2.70

岩下大輝(ロ)
3登1勝0敗0セーブ0ホールド 15回 防1.80

本田圭佑(西)
2登1勝1敗0セーブ0ホールド 10回2/3 防7.59

甲斐野央(ソ)
9登1勝0敗0セーブ7ホールド 9回 防0.00

田村伊知郎(西)
6登0勝0敗0セーブ0ホールド 7回1/3 防6.14

奥村政稔(ソ)
8登0勝1敗0セーブ3ホールド 7回 防7.71

齊藤大将(西)
6登0勝0敗0セーブ0ホールド 6回 防6.00

石橋良太(楽)
6登2勝1敗0セーブ0ホールド 6回 防6.00

近藤弘樹(楽)
1登0勝1敗0セーブ0ホールド 5回1/3 防8.44

齋藤綱記(オ)
6登0勝0敗0セーブ1ホールド 4回1/3 防2.08

荒西祐大(オ)
3登0勝0敗0セーブ0ホールド 4回1/3 防6.23

弓削隼人(楽)
1登0勝0敗0セーブ0ホールド 4回1/3 防2.08

泉圭輔(ソ)
3登1勝0敗0セーブ0ホールド 4回 防0.00

吉田侑樹(日)
1登0勝0敗0セーブ0ホールド 3回1/3 防10.80

廖任磊(西)
3登0勝0敗0セーブ0ホールド 3回 防3.00

西村天裕(日)
2登0勝0敗0セーブ0ホールド 2回 防31.50

小島和哉(ロ)
1登0勝1敗0セーブ0ホールド 2回 防31.50

 パ・リーグは2年目のソフトバンク高橋礼がハーラー単独トップの4勝。3軍まであり層の厚いソフトバンクだが、サブマリンの高橋は今やローテの柱だ。4月22日には泉が中継ぎでプロ初勝利、またドラ1甲斐野は7ホールド目を挙げた。先輩選手に刺激を与える活躍だ。泉も甲斐野も自責点はまだ「0」となっている。オリックスの榊原、ロッテの岩下も一線で活躍している。

1/2ページ

最終更新:4/23(火) 14:23
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事