ここから本文です

広島床田はリーグトップ3勝、阪神近本は打率.290…新人王候補の序盤戦【セ編】

4/23(火) 13:29配信

Full-Count

床田は防御率2.30、救援投手では阪神守屋が8試合連続で自責点0

 4週目の時点で2019年度新人王資格のある選手たちの、4月21日現在の1軍成績を見ていこう。

【画像】「チンピラに絡まれたと」… DeNA山崎と広島鈴木が路上でバッタリ遭遇

 新人王は、原則として海外のプロリーグ経験がなく、支配下に初めて登録されてから5年以内で、投手は前年までの1軍の登板イニング数が合計で30イニング以内、打者は、前年までの1軍の打席数が60打席以内の選手が対象だ。

 セ・リーグの新人王候補の成績を見る。まずは投手。投球イニング数順。

床田寛樹(広)
4登3勝1敗0セーブ0ホールド 27回1/3 防2.30

上茶谷大河(De)
3登0勝1敗0セーブ0ホールド 17回 防4.76

高橋優貴(巨)
2登1勝0敗0セーブ0ホールド 11回1/3 防1.59

守屋功輝(神)
8登0勝0敗0セーブ1ホールド 10回 防0.00

大貫晋一(De)
2登1勝0敗0セーブ0ホールド 7回1/3 防6.14

高橋奎二(ヤ)
2登0勝0敗0セーブ0ホールド 6回1/3 防12.79

笠井崇正(De)
4登0勝0敗0セーブ0ホールド 5回1/3 防1.69

矢崎拓也(広)
2登0勝0敗0セーブ0ホールド 5回 防3.60

島内颯太郎(広)
4登0勝0敗0セーブ0ホールド 4回2/3 防9.64

大江竜聖(巨)
4登0勝0敗0セーブ0ホールド 4回1/3 防4.15

浜地真澄(神)
1登0勝1敗0セーブ0ホールド 4回 防13.50

坂本工宜(巨)
2登0勝0敗0セーブ0ホールド 2回 防13.50

馬場皐輔(神)
1登0勝0敗0セーブ0ホールド 2回 防9.00

齋藤友貴哉(神)
1登0勝0敗0セーブ0ホールド 2回 防0.00

藤井皓哉(広)
1登0勝0敗0セーブ0ホールド 2回 防13.50

 広島の床田がハーラーダービートップタイの3勝。3月31日の今季初登板は黒星だったが、そこから3連勝。しかも3試合とも自責点1。ローテをしっかり守っている。巨人の高橋優は、デビュー戦で初勝利。2試合目は白星が付かなかったが、こちらも試合を作っている。

 救援投手では、阪神の守屋が8試合連続で自責点0。まだセーブやホールドの付くシチュエーションでは投げていないが、今後はセットアッパーとしての活躍が期待される。DeNAの笠井も4試合で5回1/3を自責点1と今後に期待を持たせる成績だ。

1/2ページ

最終更新:4/23(火) 14:12
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/17(水) 8:30

あなたにおすすめの記事