ここから本文です

【ヤングスター列伝⑦】空中戦の強さはラ・リーガ随一…プレミア行きも噂される“ペピネーロス”のゴールゲッター

4/23(火) 22:05配信

SOCCER KING

 2016-17シーズンのプリメーラ・ディビシオン初挑戦以降、2季連続で残留を勝ち取っているレガネス。「キュウリ」を意味する“ペピネーロス”が愛称のチームにおいて、ゴールゲッターとして秀逸なはたらきを見せているのがユセフ・エン・ネシリだ。華麗なるサクセスストーリーを紡ぎだしている21歳のモロッコ人を紹介しよう。

名前:ユセフ・エン・ネシリ(Youssef En-Nesyri)
誕生日:1997年6月1日
年齢:21歳
身長/体重:192cm/73kg
主なポジション:センターフォワード
リーグ成績:26試合出場8ゴール2アシスト

■国王設立のアカデミー出身…欧州初挑戦の地はマラガ

 モロッコのフェズで生まれたエン・ネシリは、13歳の時にモロッコの現国王ムハンマド6世が設立した『ムハンマド6世アカデミー』に加入する。きれいに整備されたグラウンドに加え、所属する子どもたちの学校や宿舎も併設されている恵まれた環境で、エン・ネシリはフットボーラーとしての基礎を学んでいった。

 2015年にはマラガへの移籍を決意。まずはリザーブチームに身を置き、スペインスタイルへの適応をはかった。翌年にはクラブとプロ契約を結び、直後のエスパニョール戦でトップチームデビューを飾る。9月20日のエイバル戦では早速初ゴールを挙げるなど、エン・ネシリは加速度的に成長を遂げていった。

■W杯スペイン戦の衝撃的なゴール…そして活躍の舞台はレガネスへ

「エン・ネシリが世界中の人々から認知された日は?」と問われたならば、「2018年6月25日」と答えるべきだろう。ロシアはカリーニングラードで行われた『2018 FIFAワールドカップ』のスペイン戦、1-1でむかえた81分にエン・ネシリがコーナーキックを頭で合わせたのだ。強豪スペインを窮地に追い込むゴールというだけでも十分に価値があるものだったが、空中戦に強いジェラール・ピケとセルヒオ・ラモスに競り勝ったことが何より衝撃的だった。

 ワールドカップを終えたエン・ネシリは、2018年8月17日にレガネスへと加入。開幕当初はあまり多くの出場時間を得られていなかったが、シーズン中盤頃には2トップの一角として完全にレギュラーに定着する。今年1月26日のエイバル戦からは3試合で6ゴールと大爆発し、エースとしての価値を証明してみせた。

1/2ページ

最終更新:4/23(火) 22:05
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事