ここから本文です

テスラが自然発火し火災に 電池システムに不具合か

4/23(火) 17:40配信

東方新報

【東方新報】米国の電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)の乗用車が自然発火したとするニュースが、注目を浴びている。このことで、国民の電気自動車の安全性に関する議論も再燃した。

【関連写真】焼け焦げた車体

 中国・上海市徐匯区(Xuhui)の集合住宅団地の地下駐車場で21日夜、火災が発生した。止めてあったテスラ「Model S」1台のシャシーから煙が上がり、6秒もしないうちに周囲に広がり、炎上。火は周囲に止めてあった乗用車2台にも燃え移った。消防部門によると、テスラはひどく焼損し、他の2台の乗用車も焼損したが、けが人はいなかった。

 電気自動車が燃えたのはこれが初めてではない。

 テスラ「Model S」が2012年に誕生して以来、炎上あるいは爆発事故が世界で50件近く発生している。多くの自然発火事故が、メディアでも報道されている。今年3月26日には、広州市(Guangzhou)の集合住宅団地地下駐車場で「Model S」1台が自然発火。2018年初めには重慶市(Chongqing)で、「Model S」1台が集合住宅団地の地下駐車場で煙を出し、炎上した。

 偶然にも、中国の電気自動車メーカー「蔚来(NIO)」も4月22日、微博(ウェイボー、Weibo)の公式アカウントで、同日午後に西安で修理中だった同社の電気自動車「ES8」が燃えたことを明らかにした。

 ハイテク産業として知られる新エネルギー自動車業界に、これらのニュースが暗い影を投げかけていることは間違いない。

 ある専門家は、ネット上で配信された自然発火と見られる事故の画像を見て、「バッテリーが発火したのではないか」とコメントした。この専門家によると、車は静止状態にあり、電池システムの不具合により火災が引き起こされた可能性があるという。

「バッテリーは長期間使用すると劣化し、劣化の過程で内部がショートすることがある。この状況でバッテリーは徐々に熱を発し、一定の温度を超えると、発火する可能性がある。バッテリー管理制御装置の不具合によりバッテリーが放電し続け、バッテリーに不具合が出た可能性もある」と専門家は指摘する。

「リチウム電池は発火すると、火の勢いが大きくなる。1人で消火することは難しいので、そのような状況になったらまず安全な場所に退避し、警察に通報することをお勧めする」と専門家は話している。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:4/23(火) 18:25
東方新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事